第2言語としての英語。第2言語という考え方

まず最初に下記のYoutubeの映像を観てみて下さい。

何故だか知らないけど、日本人は英語を学習する際に「失敗をしてはいけない」「Native English Speakerのようにペラペラと話せないのは恥ずかしい事」と思い込んでいるように思えます。過去の自分も事実そうでした。失敗を恐れるあまり英語を話すことをしない、私の場合はTwitter上にさえ自分の拙い英文を投稿する事を恐れていました。

最初に結論を言いますが、帰国子女でもない日本人がNative English Speakerのように完璧な英語、完璧な発音と豊かな語彙を使いこなすことはほぼ不可能です。私は純日本人で後天的に完璧なNative English Speakerと同程度の水準に達した人を誰も知りません。そしてまた「発音と文法が完璧でなければ英語を話すべきではない」と考えている人は一生英語は出来るようにならないと断言します。

ここで最初の映像に戻りますが、彼女の日本語は細かな間違いが見られるけど、十分に理解出来るものでしょ。これが第2言語として十分な日本語の水準です。私たちが英語学習において目指すべき水準は先程紹介した彼女の日本語の水準です。

英語学習においては、最初に「間違っちゃいけない」「完璧な英語を話さなければならない」という完璧主義は捨て去ってください。そして、まずは相手が理解可能な水準(相手に通じればOK!)を目指しましょう。完璧主義はそれからでも遅くないです。この「第2言語としての英語」という考え方をしっかりと理解して下さい。

日本人の場合は下記Video、勝間和代さんくらいの英語を話せればそれで十分だと思います。

追記 発音が完璧でないにも関わらず尊敬される場合があります。そんな場合について紹介しました。勝間和代さんもここで紹介している人たちと同じです。

第2言語としての英語。第2言語という考え方」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: 【発音】Phonics お勧めの発音学習方法 « The Wisdom of Crowds – JP

  2. ピンバック: 【Lang-8】さよなら試験勉強のための英語。Lang-8で日本人以外の価値観を知る « The Wisdom of Crowds – JP

  3. ピンバック: The21 « The Wisdom of Crowds – JP

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中