私が英語を勉強している理由 (1)日本語圏とは比較にならないくらいに圧倒的な英語圏の知の世界を知った

「なぜ英語を勉強しなければいけないの?」という疑問に対して私自身の経験、考えから以下の3点に分けて記します。私が学校を卒業したその後も誰かに強制された訳でもないのに勉強を続けた理由は以下の3点です。

  1. Audiobookをきっかけにして、日本語圏とは比較にならないくらいに圧倒的な英語圏の知の世界を知った
  2. 英語を使えるかどうかで仕事内容が大きく異なる
  3. 学校で何年も勉強したのに、一生英語が使えないままというのが嫌だった

この記事では”(1) Audiobookをきっかけにして、日本語圏とは比較にならないくらいに圧倒的な英語圏の知の世界を知った”について記します。

私が大学卒業後も英語を学習し続けた最大の理由はオーディオブックAudiobookを聞きたかったからです。

私が大学を卒業した当時と比較すると、現在は日本語AudiobookやPodcastもそれなりに充実して、日本にも「聞く文化」「耳から学ぶ文化」が根づいてきたと思います。でも少し前の日本を振り返ると(2005年前後)、当時はまだ全然Audiobookの文化がありませんでした。また、当時のAudiobookは1時間5,000~10,000円の価格が珍しくなく、とても高かったのを覚えています。それが現在では、例えば日本語のAudiobookを販売するfebe.jpで8時間2,000円など数年前と比べると質も充実してきたし、値段も安くなりました。

しかしながら、品揃えは正直言って現在においても不十分。そして当時の場合は比較することが馬鹿らしくなるくらいに英語Audiobookと日本語Audiobookの質量の差が圧倒的でした。2010年の現在においても、日本語と英語のAudiobook市場の差はいまだに歴然としている事がfebe.jpと米国のAudiobook Website、audibleを比較するとすぐに分かると思います。

この質と量の差はAudiobookだけに限りません。日本語で書かれている書籍、英語で書かれている書籍全般についても当てはまります。これは日本語を使う人口と英語を使う人口の差にあると思います。

英語圏と日本語圏の差について日本国内に当てはめて例えると、「首都である東京」と「政令指定都市でも何でもない人口数十万の地方都市」の差くらいあると思います。地方都市は東京と比べると学校の数が少ない、学問をしている人が少ない、書籍の数が少ない、市場規模が小さいとその差は圧倒的です。具体例をここで一つ挙げます。英語圏には本当に色々な人がいます。実際に私が米国でInternship研修を受けている最中に出会った人達の国籍や民族を簡単に羅列しますと…

中南米諸国出身の黒人系米国人、欧州系白人、ユダヤ人、米国の歴史ある家庭出身の白人、アフリカ諸国からの出稼ぎ移民、中南米出身のヒスパニックHispanic、アラブ人、アラブ系米国民、中央アジアの人々、中国系移民、香港出身の移民、タイ系米国人、ベトナム系米国人、台湾出身の移民、韓国系米国人、韓国人、カナダ人、シンガポール人、チベットからの移民、そして日系移民。

私は彼らとは英語でやりとりをしました。英語を使うことで本当に様々な文化背景を持つ人達と意志の疎通が出来ます。こうした多様な背景を持つ人達が英語を使用しているため、当然書籍やWebsite、Audiobookの質量が圧倒的に差があります。英語を使うことが出来れば、日本語圏と比較にならないくらいに豊かな文化に接することができる。これが私が大学卒業後にも英語を勉強し続けた最大の理由です。

ここで実感が湧かないという人は”iTunes U”を訪問してみてください。iTunesを起動して、iTunes Storeを訪問、そして右上にある位置する”iTunes U”という項目があります。もしあなたがそこを訪れたら、世界の一流大学の講義を無料で楽しめることに気付くと思います。ただし、ほとんど全ての内容は英語です。2010年春に人気のある「NHK ハーバード白熱教室」もiTunes Uで無料で公開されていて、全話Download可能です。”Justice with Michael Sandel”で検索してみてください。

ここで予想される反論を一つ上げます。「別に英語が出来なくても日本語で同じ内容を学べるから、英語であえて学ぶ必要が無い」と思う人がいるかもしれません。過去の私も事実そのような考えをしており、せっかく先進的な英語教育をしている大学に行ったにも関わらず、大学在学中はほとんど英語を学ぶことをしませんでした。いま思うとこれは痛恨の誤解でした。そんな過去の私が気付かなかった日本語で学んでいるだけでは気付かない落とし穴を4つ紹介します。

  • 落とし穴 (1) 外国語書籍が日本語に翻訳される際に意味が変わっていることが多い。そもそも日本語にない概念が数多くある。
  • 落とし穴 (2) 最新情報はまず英語で発信される。日本語に翻訳されるまでに時間がかかる。
  • 落とし穴 (3) 翻訳されるのはまだましで、そもそも翻訳されないものが大多数である。
  • 落とし穴 (4) 日本語で学んだ場合、学んだその後に日本人としか知的交流が出来ない。

「日本国内で日本語が使える人とだけ生きていく!」と考えている人の場合は問題ないかもしれません。しかしそうではないという人、特に学問やBusinessの面においては英語が出来ないと多くの不利益があることが容易に想像できると思います。さらにこれら詳細について関心がある方は下記書籍がお勧めです。英語を学問として学ぶのではなく、道具として使えばこれだけの利益があるという筆者の主張がとても面白いのでお勧めです。

  1. お金と英語の非常識な関係(上) 神田昌典&ウィリアム・リード、スペシャル対談CD付き
  2. お金と英語の非常識な関係(下)―神田昌典の全情報ソース付き

関連お薦め記事

「実用的な英語を習得する方法」の次に書いた「米国体験記」にて、この記事内容に関連した記事を書きました。下記3つの記事はいずれもお勧め記事なので、この記事に引き続き読んでみてください。

  1. Kennyが日本の大学ではなく、米国の大学を選んだ理由
  2. 日本とは比較にならないくらいに恵まれた米国の理工系大学事情
  3. New York公共図書館 未来をつくる図書館

これら記事を簡単に補足説明すると、1の記事ではまさにこの記事内容を理解して実践しているシンガポール人の話。2の記事では米国がどれだけ必死に世界中から優秀な人々を集めようとしているのかを紹介。3の記事では集めた知識を日本が比較にならないくらいに上手く活用しているという話を紹介しています。

私が英語を勉強している理由 (1)日本語圏とは比較にならないくらいに圧倒的な英語圏の知の世界を知った」への5件のフィードバック

  1. ピンバック: 知識と情報の圧倒的な質と量の差 なぜ英語発信の情報に惹かれるのか? « When you were young

  2. ピンバック: Kennyが日本の大学ではなく、米国の大学を選んだ理由 « The Wisdom of Crowds – JP

  3. ピンバック: New York公共図書館 未来をつくる図書館 « The Wisdom of Crowds – JP

  4. ピンバック: 米国体験記あとがき 私に足りなかったのは「英語力」と「動機」 « The Wisdom of Crowds – JP

  5. ピンバック: The21 « The Wisdom of Crowds – JP

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中