【発音】英語の音と日本語の音は全く違う

これから数回に渡って「発音」学習方法についての記事を書きます。最初に「発音」についての記事を書くのは、言語というものはそもそも「話すこと」の後に「文字が生まれた」という歴史的背景があるためです。つまり、「文字」よりも先に「音」があるのです。英文を書けない人でも、英語が話せるという場合があったりします。それくらい「音」は言語を理解する上で大切なのです。

そして、私が最も伝えたいことは英語と日本語では「音」が全く違うという事です。例えば日本語には一つしかない「ア」の音が、英語では3種類あります。この3種類の「ア」はそれぞれ全くの別物です。また、日本語は全ての音が母音(ア・イ・ウ・エ・オの音)を伴ないますが、英語はそうではなく子音だけの音が多くあります。この母音の違いや子音の存在は日本人には未知のものなので、成人した日本人が英語をずっと聞いていても、全くの未知の音であるため理解が難しいし習得が難しいです。

ここで具体例をいくつか挙げます。例えば最近話題だった”iPad”をあなたは正確に発音できますか。”アイパッド”って日本人が発音すると英語のiPadとはぜんぜん違う音になります。また、Thanksをサンクスと読むのも間違っています。これだと全く通じません。Twitterをツイッターと読んでも通じません。

そしてまた、米国で何度か日本人の「カタカナ英語」を聞く機会がありました。このカタカナ英語を使う人は発音についての基本的な知識がないため、英語の正しい音を発声出来ない、カタカナ英語を使わざるを得ないのだなと私は思っています。補足すると、カタカナ英語はNative English Speakerなら理解できます。しかし、本来の英語の音と全く違う音であるため、Native English Speakerの彼らでさえもカタカナ英語は何度か聞き返す必要があります。カタカナ英語はインド英語など他のひどい発音の英語に比べるとまだましな部類らしいです。しかし、そういうカタカナ英語で大丈夫と開き直っていると、自分のListening能力の向上も出来ません。なぜなら自分が理解していない音を聴くことは出来ないからです。また、Listening同様にSpeakingも当然ながら向上しません。

ではどうすれば英語の発音を学べるのか。次の記事から具体的な学習方法を紹介していきます。

【発音】英語の音と日本語の音は全く違う」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【発音】【補足】カタカナ和製英語の弊害 « The Wisdom of Crowds – JP

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中