【発音】英語耳 発音記号を学ぶ

英語の発音方法を学ぶ方法を私は2種類知っています。まずは「発音記号」から習得する方法から記します。発音記号から学ぶ方法では「英語耳」という手法が有名です。この方法は小説版「ドラゴン桜」でも紹介されていました。

英語耳は他にもたくさんの参考書がありますので、好きな参考書を選んで下さい。私は当時TOEICの勉強をしていたため闘耳 発音でTOEICテストのリスニングを攻略するを選びました。この本は後半のTOEIC対策部分は別にやらなくても良いので、前半の発音記号について絞って学習することをお勧めします。英語耳の学習を通じて、英語にどのような音があるのか、そして発音記号について一通り学習することが出来ます。発音について真剣に学びたい方にはとても有益な本だと思います。

ここで注意したいのは、この本の英語耳をやり遂げるには非常に地味な学習をしなければなりません。ですから「この本の内容はとても大切な内容なんだ!」と自分に言い聞かせて読破して下さい。私は逃げ場のない通勤時間を利用してこの本を2周しました。単調な勉強だったのでけっこう辛かったです。でもおかげで発音記号は読めるようになったので、辛い勉強をした甲斐はあったと思います。

ただし英語耳で学習した内容には欠点があります。それは「発音記号を見ないと発音の仕方が分からない」ということです。つまり、「発音が分からない単語は都度辞書を引く必要がある」「手元に辞書が無いと発音記号が分からない。」ということです。私は英語耳で発音記号を学びましたが、この点が不満で何か別の勉強方法は無いかと探していました。そんな時に出会ったのが「Phonics(フォニックス)」という手法です。次の記事ではこのPhonicsについて紹介します。

【発音】英語耳 発音記号を学ぶ」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【英会話】英会話学校、個人家庭教師のすすめ « The Wisdom of Crowds – JP

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中