【英文読解】王道の学習法 英語上達完全マップ

TOEIC試験でA rank入り(860点以上)を果たすためには、また英会話でまともな文章で話すためには英語の基礎力は欠かせないものと私は考えています。基礎力がなければいくら英語を学習してもめちゃくちゃな文法のBroken Englishでしか話せないと思います。そしてまた、TOEIC試験でListeningの成績は良いが、Readingの成績が伸び悩んでいる人はこの英文読解学習が不足しているのだと思います。読解力とそれを支える文法力が無ければ上級者の道へは決して到達できません。

私は現在TOEIC試験で900点越えていますが、特にReadingの対策はしませんでした。しかし、これは大学受験時にみっちりと読解と文法について勉強したためです。そんな私ですのでTOEICを初めて受験した際には無対策でも600点を越える点数を取得していました。そしてこの記事を読んでいるみなさんにはTOEICで最低600点を越えるまではしっかりと英文読解を通じて英語の基礎能力を向上させてほしいと考えております。以上を踏まえた上で英文読解向上のためのWebsiteと参考書を紹介します。書籍とWebsiteはほぼ同じ内容なので、手元に書籍が必要という人以外はWebsiteで内容を確認するだけで十分です。

ここで紹介されている勉強法はまさに王道です。かなり大変に思えるかもしれませんが、結果としてはこれが最短の勉強法です。これが正しい道です。特に「一つの文章を100回音読することを推奨している音読パッケージ(package)」なんて本当にこの通りに実行する必要があるのかと思えるかもしれません。でも私自身の学習履歴を振り返ると、私は100回音読を実際にしました。私が学生時代に流行っていた本、「超」勉強法 (講談社文庫)においては英文を20回音読する事を推奨していました。私はこれを自身の勉強に取り入れ、結局復習を含めると100回くらい音読していました。その結果、音読していた文章をほぼ丸暗記するまで勉強しました。

さすがに英語学習の専門家が書かれているだけあって、学習の仕方や参考書についても詳細記事が書かれています。英文読解の学習方法詳細は「英語上達完全マップ」を参照ください。この「英語上達完全マップ」で読解学習をする際に私が【発音】【英単語】項目で紹介した方法、Phonicsや語源暗記法と組み合わせて行うととても効果的です。また、「英語上達完全マップ」で紹介されている瞬間英作文については別記事で取り上げる予定なのでそちらも参照下さい。

TOEICの点数が600点を越える水準に到達しましたら次の章「英語実践編」の記事におすすみ下さい。それまでは大変でしょうが集中して学習してください。ここが踏ん張りどころです。ここを超えれば英語学習が楽しくなります。心が挫けそうになった時には下記Websiteを参照下さい。同じように英語上達完全マップを実践して素晴らしい成果を上げた人がそこにいます。

次の記事では参考に私が大学受験時に英文読解を学習するために使用して、今でも十分にお勧め出来ると思われる参考書を紹介します。

【英文読解】王道の学習法 英語上達完全マップ」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: 【TOEIC】TOEIC試験学習方法 参考書一覧 « The Wisdom of Crowds – JP

  2. ピンバック: 【Audiobook】Audio book学習手順、そして英語書籍のAudio bookを勧める理由。 « The Wisdom of Crowds – JP

  3. ピンバック: The21 « The Wisdom of Crowds – JP

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中