英語実践編 (TOEIC 600~700点)

英語上達完全マップの学習方法を続けてTOEIC 600点以上の水準に到達したら、次は英語を実際に使って色々とやってみましょう(注意 TOEIC 800点以上に到達するまでは、英語上達完全マップの学習方法を続けて下さい)。ここでは基礎を確立する段階とは異なり、実際に英語を「道具」として使うことを推奨しています。実際に英語を使うことで自分に何が足りないのか、自分は英語を使って何をしたいのかを発見して下さい。日本の英語学習で欠けている「聴く」「話す」「書く」を最新のWeb ServiceやGadget(小道具)を使って学びます。私としてはこの点が既存の学習方法と最も差別化できている点だと思うのでこの章を一番読んでほしいです。

この段階では本当に数多くのみっともない失敗をすると思いますが、めげないで下さい。失敗することを恐れている人はこれより先に進むことは出来ません。みっともない失敗しなければ英語力を向上させることは出来ません。この段階での失敗はあなたはたびたび赤面させるでしょうが、同時に自分の進歩にも気付くことが出来る段階でもあります。これまでの机に向かって黙々と勉強する英語と違って、とてもワクワクするような学びを経験することが出来ます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中