【書評/Review】もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら、通称「もしドラ」を読み終えたのでこの記事で本書を紹介します。

可愛い女の子が表紙に描かれているので単なる色物作品かと思いきや、物語は至って真面目で本格的なものでした。表紙と題名をもっと真面目なものとしたら、大学の図書館に並んでいてもおかしくない内容です。それをすると話題にならないし、売れないと思うので、そこは理解できます。

物語は弱小野球部を立て直して甲子園まで導くという古き良きスポコン物語みたいでした。しかし他のスポコン物と最も違う点は、野球部の立て直すためにドラッカーの「マネジメント」の知恵を使おうという点にあります。「野球部の顧客は誰?」という問題意識から物語は転がりだします。そして、やる気のないバラバラの部員たちをいかにしてやる気を高めるか。彼らの要望を聞き取り、彼らが動くやる気をもって自発的に動くための様々なしかけを導入していきます。さらには他校がまだ導入していない新しい野球戦術まで導入して、Innovation(戦術刷新)までして他校を突き放していきます。加えて野球部の改革野球部だけに留まらず、学校や地域社会をも巻き込んで改革は進みます。あまり詳細に書くとネタバレになるので、これ以上は書きません。

この本は「経営学」「マネジメントManagement」の概念を全く知らない人に手に取ってほしいです。主人公のなつみの視点を通じて、あなたはManagementの考えを十分に理解することが出来るでしょう。Managementって日本語にないので訳しづらいのですが、あえて訳せば「物事や人々がもつ強みが発揮できるように工夫すること」かな。決して「管理」という単純な言葉ではありません。

かつて日産のカルロス・ゴーンが「日本には技術力もあり、人も優秀である。ただ、日本にないのはManagementだけだ」という発言をしました。あなたは本書を読めば、ゴーンが何を言いたかったことを完全に理解できると思います。彼がこの発言をしてからもう何年も経ちましたが、日本には以前としてManagementが欠けています。今朝も痛ましい記事を読みました。これもManagementが欠けているがために起きた悲劇です。

そしてこのManagementという考えを一人でも多くの日本人が学べば、日本の経済、労働環境は飛躍的に改善、いえ改革できます。いま日本に足りないのはまさに本書で書かれている”Management”という考え方です。

もしドラを読んだ多くの人は本家ドラッカーのマネジメント – 基本と原則 [エッセンシャル版]を確実に手にとるだろうなと思います。もしドラは物語としてもとても良く出来ていて感動出来るものでした。私も後半は感動しっぱなしでした。この記事で少しでも興味が出た人はお勧めです。日本にドラッカーブームを再燃させ、NHK(クローズアップ現代)にまで取り上げられた一冊なので読む価値ありです。私も強くお勧めします。

この記事を読んでくれた方には引き続き次の記事もお勧めします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中