【LE】男女別、Language ExchangeのPartner探しの心得

この記事ではLanguage Exchangeをどのように行えば良いのか、そして男女別の注意点について紹介します。

Language Exchangeは当たり前ですが、Native English Speakerの多い地域でしか出来ません。日本国内の場合だと東京、大阪、あとは留学生が多い大都市でしょうか。他の人口が少ない地域だと難しいと思います。また、Language Exchangeを行う時間帯ですが、私はNew Yorkでは通常平日の午後6時頃、もしくは週末の土日のどちらかを使っていました。私のPartner達はみな働いている人だったのでそういう時間帯でした。午後5時ぴったりに帰れる米国社会と残業が当たり前の日本社会を比較すると、日本では平日にLanguage Exchangeを行うのは難しいかもしれません。

そしてLanguage ExchangeのPartnerを探す方法ですが、一般的にはInternetを通じて探します。日本国内の場合どのWebsiteが有名なのかよく分からないので、そこはあなたが自身が検索して調べてください。すぐに見つけられると思います。Language ExchangeのPartnerは同姓、同年代、同じ趣味・関心を持つ人が理想的です。いうなれば普通に友人として付き合える人が良いということです。自分と似た人との関係が一番長く続くと思います。

次に男性と女性に分けてPartner探しで注意することについて紹介します。Language ExchangeのPartner探しにおいて男性は「めげない」でください。これはすごく大事な事なので心に留めておいてください。日本人の男性は通常Native English Speakerから全く人気がありません。ここでこの事をを裏付ける例を一つ紹介します。「日本人女性+Native English Speakerの男性というカップル」「日本人男性+Native English Speakerの女性というカップル」この2組のカップルを考えてみると後者はほとんど全く見かけません。どなたか周りでそういうカップルを知っている人いらっしゃいますか。

そして日本人男性はNative English Speakerの女性からだけでなく、同様に男性からも人気がありません。理由は色々とあると思いますがここでは詳しくは述べません。男性の方々は胸に手を当てて考えてください。このように日本人男性はNative English Speakerから全く人気がないので、Partner探しが難航してもめげないでください。10通Mailを送って1通も返信がないとかザラですから落ち込まないでください。それはあなただけではありません。

次に女性が気を付ける点についてです。それは「気を許さない」ことです。特にLanguage Exchange のPartner候補が男性の場合は注意が必要です。女性が若くて可愛い場合は男性はナンパ目的であることを隠して「Language ExchangeのPartnerになりたい」という形でナンパしてきます。女性は男性の場合と違って本当にたくさんの「Language ExchangeのPartnerになりたい」という申し出Mailを受け取るらしいです。私は基本的には男性のPartnerを選ばずに同姓の相手だけを選ぶのが良いと思っていますが、それでも男性のPartnerしか適当な候補がいないという場合には、なるべく真面目そうな人を選んでください。あとはむやみに部屋にあげないとか、会うのは昼間のCaféだけにしておくとか、そうやって相手の真摯さを見極めてください。

一つ悪い例を思い出したのでここで紹介します。中国人女性のShuのお話。彼女は私と同様にNew Yorkに米国企業でInternshipをするために滞在していました。そのShuはManhattanで「中国語を習いたいんだよ」という米国人の男性に「街中」で声をかけられて、それからLanguage Exchangeを始めることになりました。「彼はLanguage Exchangeの度に英語を教えてくれるし、ご飯代も出してくれる良い人」ということを、当時滞在していたHost Familyのお母さん、Graceに伝えたところ、Grace激怒。「そんな明らかにナンパ目的の男性と付き合うなんて絶対ダメ!彼は中国語を真面目に学ぶ気はあるの!?」とGrace。当然その彼はナンパ目的だったので中国語を真面目に学ぶ気なんてなかったです。だからShuの返答も芳しくない。そしてGraceおばさんの賢明な判断により、そのLanguage Exchange?はそれで終わりました。

私自身も最近は自己紹介欄を読めばだいたい「この男性はナンパ目的でLanguage Exchangeをやっているな」というのが分かるようになりました。そういう男性は本当に多いです。前の記事で書きましたが、Native English Speakerが日本語や中国語を学ぶ必要性はほとんどないのです。だからそういう彼らは「言葉を学ぶだけじゃなくてさ、君たちの文化を理解したいんだよ!僕が文化を理解する代りとして、Manhattanを案内してあげるよ」とか調子の良いことを言っています。

日本国内の場合だとNew Yorkよりはましなのでしょうか。日本だとNative English Speakerが本当にチヤホヤされる現状を知っているので、なんとも言えないです。国際的に有名な某S社の社員食堂で、金髪碧眼の男性が4人の若くて綺麗な女性に囲まれて昼食を食べていた姿を覚えています。その周りで冴えない日本人男性エンジニア達がもそもそと男性同士集まって昼食を取っていました。けっこう印象的な光景だったので今でも鮮明に覚えています。Native English Speakerの男性は日本では非常にモテるので、あえて日本人男性とLanguage Exchangeをしようと思わないのだと思います。同じPartnerなら可愛くて従順な日本人女性の方が好まれるということは想像に難くありません。また、日本人女性はNative English Speakerの女性と比べて自己主張が激しくないし、手間がかかりませんから。例えば米国の場合だと、彼国の離婚率が日本よりもずっと高いのは伊達ではありません。

話しを本題に戻しますと、女性は「気を許さない」で下さい。それがLanguage ExchangeのPartnerを選ぶ際の注意点です。そして出来れば同姓のPartnerを見つけて下さい。

私は最終的に5人の良いPartnerを見つけることが出来ましたが、それはそれなりの努力をしたためです。一例を挙げると、Websiteに掲載した自己紹介は5回は大幅に書き直しました。

良いPartnerにめぐり合うと本当に得るものが多いです。私は今でもNYで知り合った彼らとInternetを通じて楽しく交流しています。Partnerを見つけるのは大変でしょうが、私はそれでもLanguage Exchangeをお勧めします。学ぶことが非常に多いと思います。ここで知り合った5人のPartnerについては後日詳細に紹介する記事を執筆するつもりです。

追記

私が知り合った5人の素晴らしいLanguage Exchange Partner達の記事です。米国体験記により紹介しています。

追記

Twitter上で見かけたLanguage ExchangeのPartner探しで素晴らしいなと思った例を紹介します。ご参考にどうぞ。

僕はCAに住んでいる。この地でパートナーを見つけるにはどうすればいいのか?少し考えた。僕の通う学校はかなり規模の大きい大学なので、語学を専攻する学生が集まるデパートメントがあるはずだ。あった。全世界の言語学習コースが網羅されている。Japaneseもあった。講師にかけあう。Japanese Native Speakerが英語←→日本語でlanguage exchange partnerを探しているという旨の文を書き、大量にプリントアウトし、僕の連絡先を添え、日本語専攻の教授に、全生徒に一気に配ってもらえないかと交渉。すんなりOKをもらう。その日にメールでかなりのコンタクトがあった。どうやら日本語を本気で習いたい生徒は山ほどいるらしい。需要は物凄いあるのに、供給が明らかに不足している印象を受けた。そんなわけで、僕は選び放題だった。とりあえず3人を選び、僕のパートナーになってもらった。様子を見て徐々に増やそうと思う。きっとこの方法は、ほとんどの留学生に通用すると思う。どこの大学でも、そこそこの規模があれば、語学専攻というのがある。そして大抵の場合、日本語もあるはずで、きっと供給が不足している。留学している方、お試しあれ。

以上、下記Tweetの内容をまとめました。

  1. http://twitter.com/rami2929/status/13175467171
  2. http://twitter.com/rami2929/status/13175578431
  3. http://twitter.com/rami2929/status/13175670891
  4. http://twitter.com/rami2929/status/13175745636

【LE】男女別、Language ExchangeのPartner探しの心得」への4件のフィードバック

  1. ピンバック: 試行錯誤のはじめてのLanguage Exchange « The Wisdom of Crowds – JP

  2. ピンバック: 留学体験記をまとめる作業に入りたい - rokA-jp

  3. ピンバック: Speaking Exchange Onlineメンバー募集中! - rokA-jp

  4. ピンバック: Language Exchange Partner大募集中です | rokA

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中