「TOEIC試験は誰のための試験?」、TOEIC試験の世界における位置づけ

この記事ではTOEIC試験の世界における位置づけを紹介します。最初にこの一年間に私がTOEIC試験について感じた「違和感」を順番に紹介していきます。

  1. 英文履歴書にTOEICの点数を書いても理解されない。
  2. 米国人はTOEIC試験について全く知らない。
  3. New YorkでTOEIC試験を受験しに行ったら日本人と韓国人ばかりだった。

(1)  は日本国内で留学準備をしている際に、Intern先に提出する英文履歴書Resumeを書いている時に気付きました。書いたResumeを米国人の教師に確認してもらった際に、TOEICの点数だけ書いても米国人は分からないから具体的に自分の英語力を補足した方が良いと言われました。私はそれまで「TOEIC試験は日本における日本語能力試験のように英語圏でも認知されている」と思っていました。しかし、全くそういう事はありませんでした。考えてみればすぐ分かると思いますが、TOEIC試験は「話す」「書く」の要素が含まれていないため、英語圏で働くためにはTOEIC試験では程度が低すぎて話しにならないのです。TOEIC860点以上の人でも満足に話せない人はけっこういるのではないでしょうか。

(2)  について述べると、New Yorkで出会った米国人はTOEICについて本当に誰も知らなかったです。日本の英語教育について知っているごく限られた人だけがTOEICについて知っていました。時々知っていると言う人に出会いましたが「あれだろ”TOEFL”!」というような回答をもらいました。

そして一番強烈な体験だったのが(3)の経験です。New YorkのManhattan試験会場でTOEIC試験を訪れたら「会場は日本人と韓国人ばかりだった!」ということです。補足すると中国や台湾といったAsia系も他にも少しいて、1~2人くらいの白人もいました。でも大多数は日本人と韓国人でした。そこでは私がNew Yorkで普段全く交流の無かった日本人達をたくさん見かけることが出来ました。

ここで2005年のTOEIC試験についての公式資料を紹介します。

公式資料でTOEICの受験者割合を調べると「日本人 65%、韓国人 12%」です。77%の受験者が日韓で占められているということが分かりました。要はTOEIC試験というのはこの2カ国のための試験であると言って良いと思います。そして、私は自分の体験と公式資料を読んで「TOEIC試験は誰のための試験なのだろうか」と考えるようになりました。

さてここからはTOEIC試験を勉強しているへの私からの提言になります。TOEIC試験は初心者から上級者までの英語力を測る物差として有効な試験だと思います。一方で、日本と韓国以外の国ではTOEIC試験はほとんど全く知られていません。またすでに他の記事で言及しましたが「話す」「書く」、そして「英語圏の知識」については学ぶことが出来ないという欠点があります。こういった特徴のあるTOEIC試験なので、「TOEIC試験で860点を越えた人はそこでTOEIC試験のための勉強を止めた方が良い」「TOEIC試験の勉強の代りにもっと実用的な英語学習をした方が良い」と私は考えています。私はあと2~3ヶ月TOEIC試験の勉強を真剣にすれば、おそらく990点満点を取得できると思います。でも、私はTOEIC試験で満点を取ることについて全く魅力を感じていませんので勉強する気はありません。

ここで米国での事情を説明すると、米国で他国の学生達が熱心に勉強していたのはTOEFL試験です。欧州の学生達や日韓以外のAsiaの学生達はTOEFL試験を熱心に学んでいました。彼らの熱意に比例して、参考書も本屋にたくさんありました。一方、TOEICの参考書は2冊しかありませんでした。この記事最後にNYCのManhattanにある米国の大型書店、Boardersで撮影した本棚の写真を載せておきます。

こういう状況を知ってしまうと、日本人はいったい何処に向かっているのだろうかとTOEIC試験の盛況ぶりを見て複雑な気持ちになります。TOEIC試験なんて日本と韓国でしか評価されない、だからTOEIC試験だけ頑張り続ける日本人は頑張る方向を間違っているのではないかと思います。他国の学生はTOEFLを頑張っています。そしてTOEFLの場合はTOEICと違ってResume英文履歴書に書いてもちゃんと評価されます。

あなたは何のためにTOEIC試験勉強をしているのでしょうか。試験で良い成績を取りたいというだけなら止めた方が良いと思います。TOEICで高得点、900点、950点、990点を取っても日本人と韓国人しか褒めてくれません。英語の先生で「990点取得」と自分を宣伝する箔をつけるためというのなら理解できますが、英語の先生でもない一般の人が満点なんて取っても仕方がないと思います。「TOEIC試験でA levelに到達、860点を越えた人はもうTOEIC試験のための勉強をやめて、もっと実用的な英語学習をする。そして英語を道具として使って行動を起こした方が良い」というのが私の提言です。

TOEIC試験の詳細に興味のある方は以下Link先を参考にしてください。特に「歴史」の欄を読めばこの試験が日韓でしか通用しない訳も納得出来ると思います。

「TOEIC試験は誰のための試験?」、TOEIC試験の世界における位置づけ」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: はじめに 実用的な英語を習得する方法 « The Wisdom of Crowds – JP

  2. ピンバック: TOEIC 900点は大したことがない « The Wisdom of Crowds – JP

  3. ピンバック: 英語が出来ない教師が英語を教えている。 « The Wisdom of Crowds – JP

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中