blog記事の下書きをTwitterに投稿するとこんな良いことがある

この記事では「blog記事の下書きをTwitterに投稿するとこんな良いことがある」ということについて紹介します。この1ヶ月、blog記事の下書きをTwitterに投稿してきた結果、多くのことを学ぶことが出来ました。ここで学んだことを紹介していきます。最初にblog記事の下書きをTwitterに投稿することの利点を一覧で紹介します。

  1. 読者の反応がよく分かる
  2. 文章の質が上がる
  3. blogのAccess数が増える
  4. 執筆意欲が湧く

まず1についてですが、TwitterではReply、RT、そしてFollow/Removeで数多くの反応をもらえるため、どういった文章を書くべきか常に考えさせられます。一方、blogの場合はAccess数とComment、EmailだけなのでTwitterに比べると読者の反応が分かりにくいです。大手のblogでも、Access数は多いけどCommentもEmailももらえなくて「自分は誰に対してこの記事を書いているのだろうか。壁に向かって一方的に話しているようで全く面白くない」とやる気を無くして辞めてしまった例を私は知っています。そしてここで最も伝えたいのは「Twitterの方がblogよりも圧倒的に多くの感想をもらえる。」ということです。これはTwitterでReplyをする方が、blogにCommentを書くよりも圧倒的に精神的敷居が低いためだと思います。現に私のblogにはまだあまりCommentは貰っていませんが、Twitter上では本当にたくさんの感想をReplyでもらっています。

次に2についてですが、1で読者から多くの反応をもらい、その反応を踏まえてTwitterに書いた下書き文章をさらに推敲すると、文章の内容・質は当然飛躍的に上がります。またTwitter上で文章を書くと1文1文に対して読者からの反応があるため、書く文章に対してとても敏感になり、誤解されるような文章を書かなくなります。

そして3についてですが、「Twitterでblogの下書きをTweetしてからblog記事を発表する場合」と「blogに黙々と記事を投稿し続ける」のでは、blogへの訪問者も数が前者の方が圧倒的に多いです。これは「blogはわざわざそこまで行かなければ記事が読めない」のに対して、Twitterでは自動的にTime Lineにblogの内容が表示されるので、blogで記事を発表する場合に比べてより関心を持ってもらえるためです。Twitterはいわゆる映画の予告編みたいなもので、そこで記事の内容に関心を持ってくれた人達がblogに訪問してくれます。

最後に4についてです、読者からの反応が多くなるので当然執筆意欲が湧きます。Twitterが無かったら、私はあれだけ(1ヶ月で約70本)のblog記事を書くことはなかったと思います。たくさんの読者からの反応があったからこそ、私はこれだけ大量の文章を短期間で書き上げることが出来ました。

最近気付いたのですが、グロービスの堀義人さんもTwitterを私と同じように、Twitterで下書きをしてそれをblogにまとめるという使い方をしていることを知りました。

ここからは注意点についてです。以下、注意することの一覧です。

  1. Twitterに対する考え方が違う人からはRemoveされる。
  2. Followerは自分から増やす必要がある。
  3. ときどき「望ましくないReply」をもらう。

1についてですが、私のように「短時間で」「大量」のTweetをすると、それを嫌がる人からはRemoveされます。特にFollowingが少ない人だと私のTweetでTime Lineが埋め尽くされてしまうからでしょう。気持ちは分かります。こういう場合についてはTwitterに対する各人の環境や考え方が違うから仕方がないと割りきって下さい。

2について、当然Followerが多くないとあまりReplyは貰えません。ですから自分の内容に関心を持ってくれそうな人を自分からFollowしていきましょう。私は次のWebsiteで特定の言葉で検索して、自分と関連してそうな人達を積極的に自分からFollowしています。

最後に3についてです。Followerの数が増えるに従って「あまり望ましくないReply」をあなたはもらうことになると思います。私も時々もらいます。今はもう気にならなくなりましたが、そういうのに慣れていない人はそういうものがあると知っておいて下さい。

より多くの人に自分が書いた文章を読んでもらい、たくさんのReplyをもらうと本当に面白いし、学ぶことが多いです。ですからblogを持っている人にはいまTweetした「blog記事の下書きをTwitterに投稿するとこんな良いことがある」ということを是非知ってもらいたいです。一例を挙げると、もらったReplyを読んでいるだけでもかなり勉強になります。「もらって嬉しいReply」や「あまり嬉しくないReply」、これらをたくさん読んでいるだけで「どういう文章が人に好まれるのか」ということを学習できます。文章力を向上させたい人にとってはこれらはとても良い経験になると思います。

以上で「blog記事の下書きをTwitterに投稿するとこんな良いことがある」について終わります。

blog記事の下書きをTwitterに投稿するとこんな良いことがある」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 【補足】Twitterの使い方は千差万別、十人十色 « The Wisdom of Crowds – JP

  2. ピンバック: 米国留学生がHiroyuki Hal Shibataを読んだら - rokA | アメリカ留学・就職体験記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中