【小道具】高遮音性イヤホン【SHURE SE115】

英語のListeningやAudiobookを聞く際に役立つ小道具、SHURE 高遮音性イヤホン・ブラック SE115-K-Jについて紹介します。これを使えば電車の中でも問題なくListeningが出来ます。

今回はじめて耳栓型、Canal型のイヤホンearphoneを購入しました。値段は8,000円弱とそれほど高くなかったので思いきって購入しました。音にこだわっている人からしたら全然大したことない金額でしょうけど、私は高いearphoneを買ったことないのでちょっとドキドキしました。これまではずっとNoise Canceling機能が付いたWalkmanばかり使っていたので、耳栓型Canal型は未経験でした。

遮音性は耳栓型の方が良いです。SE115は耳栓を使っている時と同じような感触です。これなら電車の中でも使えるというのは肯けました。難点は付けっぱなしにすると耳の穴がちょっと痛くなることです。

一方、WalkmanのNoise Cancelingの方が耳の穴には優しいです。音楽を聞きながら昼寝するのなら断然Walkmanの方が良いと思います。しかし、Walkmanの難点はSONYの独自規格に伴ない色々な制約が付くことです。まずWalkmanはiTunesに対応していない、Podcastも独自のSoftwareで管理しないといけないとiPhone/iPod使用者にはやっかいです。今回Canal型に手を出したのも、iTunesとSonic Stageで別々に管理をするのに嫌気がさしたというのもあります。また、米国Audiobookの大手、Audibleに対応しているかどうか不明確な点も自分をしてWalkmanを使い続けるかどうか再考させました。WalkmanはNoise Cancelingの機能だけを考えると本当に素晴らしいです。高価なearphoneを購入することなく、雑音がひどい環境でもそれなりの音を聴くことができます。だからこの独自規格に伴なう制約は本当にもったいないと思っています。

現在私はiPod touchを主に使っています。SE115との相性は良いです。この分だとSE115のおかげで3年くらい付き合ってきたWalkman Seriesとはさよならしそうです。ただ、Audibleの音声fileをmp3に簡単に変換できるということであれば、Noise Canceling機能が付いたWalkmanをまだ使い続けるかもしれません。でもこの点で駄目だったら、iPodに完全に切り替えます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中