Host Familyを選ぶ際にこだわったこと。

次の記事からHost Familyの詳細説明を本格的にしますが、この記事では私がHost Familyを選ぶ際に考慮したことを記します。私がHost Family先を選ぶに当たって条件を挙げたのは下記の2項目です。

  1. 食生活に気を使っていること。極端に肥満していないこと。
  2. 本棚が充実していること。

ただし、相手側に要求するだけでなく、以下の条件について私は承諾しています。

  • 酒・煙草は全く嗜まない。
  • 食べ物で好き嫌いは全く無し(不味いものは嫌いですよ)。
  • 子供・お年寄りと暮らすのも大丈夫。

私が米国滞在中に最も懸念していたことの一つは「肥満」です。米国は日本とは比較にならないくらいの肥満大国なので、当時は太る事を最も懸念していました。私がお世話になった家族はこの点しっかりとしていました。詳細はおいおい書いていきますが、感謝祭の親族・関係者が集まる家庭Partyでは肥満した人は誰もいませんでした。私は1月からの雪の影響と送別会の嵐で2kg太ってしまいましたが、それまでは日本にいたときの体重を維持していました。食事の点については良い家庭に当たったなと思っています。ちなみに、New Yorkは地下鉄が普及して徒歩で移動できる街なので、車社会の他の街に比べると肥満は少なかったです。あと、教養ある人達は自衛のために積極的に運動施設に通って汗を流していました。

もう一つの「本棚が充実していること」についても大丈夫でした。私はかなり教養ある家庭にお世話になりました。毎週Timeが宅配されてくるような家庭だったので、滞在中はTimeばかり読んでいました。これも詳細はおいおいと紹介していきます。この教養ある一家にお世話になったおかげで結果的に私はたくさんの教養ある人達を紹介してもらいました。そして、私は米国の良い面をたくさん知ることができました。

語学学校で出会った他のClass Mate達の中にはHost Family宅の環境の悪さから宿泊先を変えたという話しも聞きました。こういう話しを聞くと自分は運が良かったのだなと思いました。また、日本人の中には「日本人向け、日本人ばかりの寮」(ManhattanのEast Villageあたりにあるらしい)に滞在することもあると聞きましたが、それでは日本にいるのとあまり変わらないと思います。せっかくですから米国人の家庭にお世話になった方が学ぶことは多いと私は思います。

私は彼らから米国での生活の基本を全て教わりました。生活に関わる細々とした事は意外と日本とは異なるので米国人と一緒に暮らせば、これらについて問題なく学ぶことが出来ます。洗濯機やStoveなどの家電については、使うのは簡単だけど誰も教えてくれる人がいないとなかなか辛いと思います。またNYCの場合は冬場、家庭にある洗濯機が凍結して使えなくなって、公衆洗濯機を使わなければならなくなりますし。

次の記事からはHost Familyについて具体的に説明していきます。彼らについての紹介は、これから書く記事の中で最も面白い内容の一つになると思います。

Host Familyを選ぶ際にこだわったこと。」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 積極的ホームステイ先探しのススメ - rokA-jp

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中