Grace Open Mind(偏見のない広い心)なお母さん

この記事はHost Familyのお母さん、GraceのOpen Mind(偏見のない広い心)について紹介します。GraceはバミューダBermudaからの移民2世の黒人女性です。また、彼女については以前に一度記事で紹介したのでそちらも参照下さい。

NYCは本当に多様な人達で溢れかえっています。しかしながら、異なる民族同士では意外と交流はありません。Manhattanの職場では国籍・人種が異なる人達が交流するが、仕事以外の場所では交流が少ないです。。同じ国籍、同じ人種、同じ民族の人同士が集まって暮らしています。私生活では自分と似たような人達としか交流しない、NYCはタコツボ社会です。私も何度か夜にBarに行きましたが、そこでは白人の店では白人だけ、Asia人の店ではAsia人だけという感じでした。見事なまでのタコツボ社会だなとその時に思いました。実際、よく知らない人達に対しては、恐れや差別感情を誰もが持つと思います。私も含めてみなこの感情は持っています。今日印象的な記事を見つけたので参考にしてください。

私はNYCに滞在したおかげで、日本人以外の人々や自分と異なる考えを持つ人に対する差別感情は1年前の自分と比べるとずっとなくなりました。この記事は流石にひどすぎると思いますが、程度の差こそあれこういう感情は人間だれしもが持っています。また、特に集団で集まっている外国人は差別感情を持たれます。分からない言語を話す、人数が多い、かたまっている、これらが無条件で不安感をあおるのでしょう。海外にいる日本人も例外でないです。

さてここからGraceの紹介です。タコツボ社会のNYCの中で、Grace宅には多くの国々からの異国情緒豊かなお土産がたくさん飾られていました。これらはこれまでにGrace宅にHome stayした人達が残していったものです。私も日本特産の「となりのトトロ」のぬいぐるみをお土産に残していきました。Grace宅では常に他国からの留学生・旅行者を受け入れていました。また、たくさんの親戚が彼女の家によく滞在していました。日本人が考えるよりもずっとたくさんの親戚が来たので、私は何人に会ったか忘れました。

彼女がこのように自分とは異なる人々を受け入れようと考えるになったのは、10代の時に欧州へ旅行して人生観が変わった事がきっかけでした。

「それまで世界の全てだと思っていたBrooklyn(NYCの区の一つ)が実は限られたごく狭い世界にすぎない事を知って、もっと他の世界を知ってみたくなった。」

とGraceは言いました。彼女はそういう考えの持ち主だったので、以前は空港の国際線の部門で働いていたそうです。そこでの仕事は彼女にとってとても刺激的で楽しかったそうです。自分とは異なる他者を受け入れるのはとても難しいです。現に私が住んでいたBrooklyn地区は黒人とユダヤ人ばかりの地域でアジア人はほとんど全く見かけませんでした。しかし、Graceは気にすることなく異なる国籍を持つ人々を受け入れていました。

そしてまた、彼女も配偶者であるMichaelと同じくとても教養がある人間だったので、政治活動から慈善事業まで幅広く行っていました。違うことが大好き、Change大好きな彼女なので、その活動内容も面白かったです。NYCの市長選挙では現市長の対抗馬だったBill Thompsonを支援していまいた。彼女はなんとBill ThompsonのPR資料に彼と一緒に歩いている写真が掲載されていました。また、昨年夏に日本が自民党から民主党へ政権が変わった際にも「変わることは良い事」となぜか喜んでいました。

さらに、Haitiの地震が会った際には寄付の集会に参加して$1,000をポンと寄付していました。米国社会の凄いところはMichaelの会社も個人の寄付金と同額の寄付金を出すという制度を持っていることです。つまりGraceの$1000+会社負担の$1000=$2000がHaitiに寄付されました。

あと印象的に残っていることで「日本人は集団主義だと聞いたけど、その場合、あなたの個性はどうやって活かされるの?」と聞かれました。そして「会社や組織の役割って、それぞれ違う能力や背景を持った人達の良い点を引き出すことでしょ。集団主義で個人の個性が発揮出来なければどうやって仕事を進めるの?」と不思議がっていました。集団主義の日本人として、この問いにはみなさんどのように回答しますか。

私はこのGraceのOpen Mindのおかげで、私と同じ時期に彼女の家に滞在した色々な国の人と知りあうことが出来ました。ここで知り合った人達についてもおいおいと紹介していきます。最後にGraceのOpen Mindを象徴するのにぴったりの言葉があったので、一連のTweetのまとめとしてBronx動物園で見つけた言葉を紹介します。

“In the end, we will conserve only what we love, we will love only what we understand, we will understand only what we are taught.” Baba Dioum

日本語訳 : 結局、私達は知っているものだけを理解することができる。私達は理解しているものだけを愛する。そして私達は自分たちが愛しているものだけを守る。

Grace Open Mind(偏見のない広い心)なお母さん」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Angela 専攻を3度変えて、最後は医者を志す。 « The Wisdom of Crowds – JP

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中