日別アーカイブ: 2010年4月6日

【宗教】【補足】”Oh My God!”を仏教や神道を信仰している日本人が言っても良いの?

「”Oh My God!”を仏教や神道を信仰している日本人が言うことについてNative English Speakerはどう思うのか?」という質問をTwitter上でもらったのでに早速New Yorkにいる米国人の友人に聞いてみました。あとこの事に関連して俗語表現の学び方について紹介します。

「OMGなんてAtheist(無神論者)だって使っているから誰も気にしない」と彼は言っていました。”You don’t believe god, do you?” 「お前Godを信じていないだろう」とかいうツッコミもしないって言っていました。OMGは”Unbelievable!”と同程度の驚き表現だとのことです。 少なくとも多民族都市New Yorkではその程度だって言っていました。ただ、他の信心深い地域でも同じかどうかは知りません。

あと職場ではOMGか”Unbelievable!”という表現に留めておくのが、日本人にとっては無難だと思います。そこで自分が同じ表現ばかり使って飽きてきたなと思った頃に、同僚に「何か他の表現を教えて」と頼むのが良いです。そうすれば職場に応じた適切な表現を習うことが出来ます。

さてここからが楽しい、じゃあ親しい人同士ではどんな驚き表現が使われるかです。これから紹介するのは男性言葉なので、女性言葉は別にあると思います。

一番良く使う驚き表現は” oh shit”  “aw shit” “Shit!”です。単語の意味を詳細に書くと色々と不適切なので、関心ある人は自分で辞書を引いて下さい。あとは”Ho ly crap!”もよく使うなと言っていました。これも単語は解説したくないので自分で辞書を引いて下さい。

SHITで思い出したのですが、TGIF, Thanks God It’s Fridayに対してSHIT, Sorry Honey It’s Thursdayって表現もあります。この表現は私も気に入っています。

Shitが嫌いな人は婉曲表現として”Oh Shoot!” “Shoot!”を使うらしいですが、日本人がこの表現を使うとなんか変な気がするって言っていました。この表現も英語に慣れるまでは使わない方が良いかもしれません。英語の拙い日本人がNative English Speakerが使うようなくだけた英語を使うことに違和感を覚えるのかなと思いました。

そして以前に紹介した、シーン別 本当に使える 実践ビジネス英会話(CD付) (CD BOOK)のP268に「ののしり言葉と婉曲表現」の一覧表が載っていました。この本は本当に役に立つ本です。

また、くだけた英語表現に興味のある人は米国版最新俗語辞典、urbandictionary.comで都度調べてみると良いと思います。

例えば”Juno”という映画で高校生が話す英語は最先端すぎる英語なので、まったく辞書には載っていません。米国にいる友人も5分おきにurbandictionaryで意味を調べてたとか言っていました。

あとは有名なのがFML、日本の試験では全く習うことができない日常俗語で溢れた英文を大量に読むことが出来ます。

ここで注意しますが、FMLにあるような英語は英語が第2言語である日本人が使う必要は全くないと私は思います。それでもそういう英語をやりたい人はシーン別 本当に使える 実践ビジネス英会話を全て理解して実践出来るようになってから取り組んだ方が良いです。まず日本人が英語学習でやるべき事はTOEIC860点を突破して、「話す」「書き」をまともに出来るようなることです。応用表現はそれから取り組みましょう。