NYC Museum(美術館・博物館)を一緒に観光する相手は誰が良いか

NYCはMuseum(美術館、博物館)の街です!街のいたるところに本当にたくさんのMuseumがあります。その多さは東京とは比べ物にならないくらいです。NYCは様々な文化・美術・芸術の華が開いている街です。そしてそんなMuseumを一緒に観光する相手は誰が良いのかということをこの記事で紹介します。なおこの記事は短期滞在の観光客ではなく、ある程度の長い期間を米国に滞在する人達を想定しています。また以前に紹介した下記の記事とも連動しているので過去記事も合わせて参考ください。

1番お勧めなのは「教養あるNative English Speaker」です。彼らと一緒にMuseumをめぐると本当に楽しいです。彼らは立派な教養と知識を備えており、展示品がどういったものか、日本人が全く知らない歴史的背景から教えてくれます。

日本にいると全てのNative English Speakerが教養ある人に思えるかもしれません。しかし、実際はかなりの個人差があります。私はNYCに行ってこの事を強く実感しました。中には世界中の文化が集まるNYCにいるにも関わらず「Museumなんて退屈で嫌いだ」と言って酒ばかり飲んでいるNative English Speakerもいたりします。

そして「 教養あるNative English Speaker 」を上手いこと見つけて、Museumに行くと本当に楽しいです。探すのはそれなりに苦労すると思いますが、その苦労は全て報われるので頑張って探して下さい。

2番目におすすめなのが「日本語が通じない他国の留学生」です。この場合もあなたは日本語が使えないので、英語で話さざるをえません。そしてMuseumでの英語は教養に関わるものであるため、日常英語よりもずっとずっと難しいです。苦労してください。また、お互いNative English Speakerじゃないので言葉は不自由しますが、そこはいくらでも失敗しても怒られない関係なので、この機会を活かして切磋琢磨してください。私はShuと観光していたときは彼女は分からない言葉だらけで辞書を引き続けていました。そしてまた、Museum巡りは日本の受験英語で学んだ小難しい単語が最も役に立つ場所です。大学受験時に学んだ日常生活ではほとんど見かけない英単語はここにあったのかと気付くと思います。

最後は「日本人同士の観光」です。これはあまりお勧めしません。日本人同士は楽です。私は一度日本女性と水族館に行ったときは本当に楽だと思いました。お互い言葉も通じるし共通知識があるから、たとえば「これってレゴみたいだね」って言ってもすぐに通じます。ただ振り返ると、これはあんまり勉強にはならなかったです。だから「日本人同士の観光」はあまりお勧めしていません。それよりはすでに紹介した(1)と(2)の場合の方がはるかに勉強になります。

以下、まとめとして「Museumを一緒に観光する相手は誰が良いのか」Listにまとめます。番号が小さい順にお勧めします。

  1. 教養あるNative English Speaker
  2. 日本語が通じない他国の留学生
  3. 日本人

これまでも散々言っていますが、最低TOEIC800点は無いと現地の文化を十分に楽しめないです。また現地の人々とも交流出来ません。だから日本国内でしっかりと勉強してから留学してください。

NYC Museum(美術館・博物館)を一緒に観光する相手は誰が良いか」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: Enjoy Life Simply Sincerely

  2. ピンバック: ネイサンズ国際ホットドッグ早食い選手権で有名なConey Island観光 « The Wisdom of Crowds – JP

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中