日別アーカイブ: 2010年4月18日

HarlemでGospel、そしてMichael JacksonゆかりのAPOLLO Theaterへ

この記事はManhattan北西部のMorningside HeightsからHarlemを観光した際の記録です。この日の観光の目的はHarlemの教会にてGospelを聴くことでした。

目当てだった人気のある教会は「3時間待ち」でした。かなりの早朝から並んでいる観光客が多かったです。観光客を当て込んで、パンを売っている屋台があったくらいです。ですから、人気のある教会に行きたい場合は午前6時くらいから並ばないと駄目です。私とSaundra(鼻にピアスをしているフランス人の女子大生)は結局知名度はないけれど、同じように観光客向けに開かれている教会に行くことにしました。

私達が訪れた教会の礼拝は観光客も参加するものだったので、なぜか私達も楽譜を見ながら讃美歌を歌いました。楽譜を見て歌うのなんて高校の時以来なのにそれをまさか米国でするなんて、と思いました。こういった開かれた宗教関連の行事に日本にいた時は無縁だったので、かなり違和感がありました。そして、米国は日本よりもより日常生活に宗教が根づいているのだなと思いました。

その後、Michael JacksonゆかりのAPOLLO Theaterへ。この時はTheaterの前にMichaelへの追悼Messageを書くことができる青い板が設置されていました。そしてそこに多くの人達が書き込みをしていました。本当にたくさんの書き込みがあり、新たに書き込む場所を探すのが大変でした。Michaelがどれだけ愛されているか知りました。

この日他にも観光した場所については下記の写真を参考ください。あと、当日一緒に観光したSaundraが本当に英語が出来なくて当日はすごく苦労しました。英語が出来ない相手とはもう一緒に観光したくないなと思ってしまいました。だって意思疎通が満足に出来ないですから。

感謝祭の夕食風景

米国では感謝祭Thanksgiving Dayの夕食はたくさんの親族や友人が集まる日。だからこの日の夕食会にはたくさんの人達が参加しました。

Host Family Michael(お父さん)、Grace(お母さん)、Angela、そして遠方に住む長女。お婆さん。ここまですべて中南米系の黒人。そしてお婆さん付き添いのHispanicのおばさん。

留学生達 Shu(中国人)、Patricia(スイス人、白人)、私(日本人)。

右隣の家はいつも黒人だけ、左隣の家はいつもユダヤ人だけというご近所さんと比較するとつくづく多様性ある構成だと思う。これもGraceのOpen Mindのおかげ。多様性を受け入れる寛容な心があれば世界は広くなるとこの日の夕食でも実感しました。以下、この日の料理で珍しかったものを写真撮影していたものです。

Black Friday前日の5番街 Fifth Avenue

Macy’s Thanksgiving Day Paradeの後に5番街 Fifth Avenueを歩きました。Fifth Avenueは高級店が立ち並ぶNYCの名物通りです。Fifth Avenueの写真は考えてみればこの時しかちゃんと撮っていませんでした。Black Friday前日のFifth Avenueの写真をこの記事で掲載します。

Macy’s Thanksgiving Day Parade

この記事では感謝祭Thanksgiving Dayに行われるMacy’s Thanksgiving Day Paradeの写真を掲載しています。このParadeは数百万に人が鑑賞するParadeでとてもとても混雑します。また、このParadeは子供たちに人気があるため当日はたくさんの子供たちを見かけました。一見の価値あるParadeなので機会があれば訪れてみて下さい。

私とPatriciaは最初はTimes Square周辺でParadeを見ようと思ったのですが、あまりの混雑ぶりを見て、Central Park南西部のColumbus Circle周辺でParadeを見ることにしました。そこもかなり混雑していましたが、なんとかParadeを観ることが出来る場所を確保することができました。

Paradeではよく分からないCharacter達もいたため米国人でも”You gonna google it! (Googleで検索して調べなくちゃな)”って感じの言葉を使っていました。後日、Googleの他にもfacebook、skype、twitterは動詞として使われているということを米国人の友人から教えてもらいました。これは日本と同じで若い人達の間でしか通じないとは思いますが。