Kennyが日本の大学ではなく、米国の大学を選んだ理由

この記事ではLanguage ExchangeのPartnerの一人であるシンガポール人のKennyについて紹介します。そして彼が日本の大学ではなく米国の大学を選んだ理由を通じて、現在日本に欠けている事を記します。

Kennyはシンガポール人で中華系です。ですから見た目は日本人と変わりません。そんなKennyは米国の田舎にある大学を卒業して、New Yorkにある大学院に進学するために引越してきたばかりでした。Kennyの専攻は生物学、特に神経学の分野です。また、Kennyはシンガポールで英語で教育を受けました。Kennyは中国系であるため家族とは広東語でやり取りをするそうですが、最も得意な言語は英語です。

Kennyは日本語を大学で3年間勉強して、そして日本の金沢にも4ヶ月滞在したことがあります。だから日本語はとても上手でした。私が出会ったLanguage Exchange Partnerの中で彼が最も日本語が出来ました。Kennyの日本語能力だと日常会話はほとんど全く問題ありません。独り言も「どうしようかな」と英語じゃなくて日本語で呟いていたりした。他のLanguage ExchangeのPartnerとはほとんど全ての会話を英語でやりとりしていましたが、彼との会話は英語と日本語の半々で行っていました。

Kennyが日本語の勉強をはじめたきっかけは日本のドラマが好きだったためです。かなり以前から日本のドラマを観ていたようで、お気に入りのドラマはちょっと古いけどと前置きされて「ひとつ屋根の下」「ショムニ」と言われました。最近の日本のドラマも観ているとのことで、いくつか観ているドラマを教えてもらいました。でも、逆に私が知らないドラマばっかりだったので名前を忘れてしまいました。そしてKennyは「酒井法子が逮捕されてショックだった」と落ち込むくらいに日本のドラマが好きです。まさかNew Yorkで酒井法子の逮捕劇に落ち込んでいる人間に出会うとは思わなかったので、これを聞いて思わず笑ってしまいました。酒井法子は「ひとつ屋根の下」でファンになっていたみたいです。

Kennyはかなりの日本びいきなので大学は日本の大学を選ぶ事を考えたそうです。でも結局Kennyは日本の大学を選びませんでした。それは日本の大学で日本語で教育を受けても、日本でしか通用しないからです。日本の大学で教育を受けても日本でしか通用しません。しかし、米国で英語で教育を受ければ米国、シンガポールやその他にも英語で仕事が出来る国で働く事ができます。だからKennyは米国の大学を選びました。そしてまた、彼のお兄さんはオーストラリアの大学を卒業して、今はシンガポールで働いています。英語で教育を受けると簡単に国外に飛び出せるのだなと思いました。

シンガポールは英語で国民を教育することで国を上げて「英語を話せると10億人と話せる」を実践しています。私はKennyと話している時に、シンガポール人やその他の国々から日本に学生を呼ぶにはどうすれば良いのかと考えてました。以下、条件を3つ書きます。

  1. 大学教育が英語で行われている事。特に理工系の学科で英語で教育を行うこと。
  2. 奨学金が充実していること(詳細は次の記事、日本とは比較にならないくらいに恵まれた米国の理工系大学事情にて紹介しています。)
  3. 就職時に英語だけで就職出来ること。日本語能力を問われないこと。※補足 先日のクローズアップ現代(放送の一部をLink先で観ることが出来ます)で紹介されていましたが、日本語が出来ない留学生を日本企業は採用をするのを躊躇っています。そしてそんな状況のため、日本の大学を卒業した1割未満の留学生しか日本では就職しません。

上記の必要条件を満たせば、日本にも優秀な学生が世界中から集まる可能性が生まれます。十分条件として大学教育の質を上げるという問題が別にありますけど。これら「世界中から日本に学生を呼ぶための条件」を書いていて思い出したのですが、これらはもうすでに隣国の韓国が着手している事です。これも先日のクローズアップ現代で放送されていました。日本は隣国の韓国よりも遅れています。

私はKennyの話を聞いていて、教育の課題というのは日本のプロ野球と大リーグの関係に似ているなと思いました。日本の野球リーグは日本人のために存在します。そして東京大学はさしずめ巨人軍でしょうか。一方、大リーグには世界中から優秀な選手が集まります。日本人で最も優秀な選手達であるイチローや松井も今は日本の野球界ではなく大リーグにいます。大学教育でも大リーグ同様に米国の大学には世界中から優秀な学生が集まっています。イチローや松井に相当する優秀な学生がそこにはゴロゴロといます。

現在放送中の「NHK ハーバード白熱教室」で教室内を見わたせば、日本と違って本当に多種多様な学生が教室にいることに気付くでしょう。そしてまたKennyが通う大学も多文化主義を掲げているため、学生の半分は米国以外の地域からの留学生によって成り立っています。そんなハーバード大学での講義風景と日本の大学の講義風景を比較すると、まだまだ日本は鎖国しているのではないかと思ってしまいます。以下、ここまでの内容に関連したWebsitesを紹介します。

一連の記事で紹介されているのと同様に、私も最近「日本語でいくら高度な議論をしても、日本人以外には伝わらない」ことにもどかしさを感じています。この記事でさえ英語で書けば英語が読める他国の人々に読んでもらうことが出来ます。この考えを理解して英語で情報を発信している日本人はどれくらいいるのでしょうか。

私は今は書かなければならないことがあるため日本語で書いています。しかしあと数カ月もすれば「英語:日本語=90:10」の割合くらいにして、英語を主として情報を発信していくつもりです。米国に住む友人達からは「おまえが日本語でたくさん記事を書いても俺たちは読めないから全部英語で書け」と言われています。

私がこの blogを書いている理由は「日本人が十分に英語をできるようになるための方法を伝えるため」そして「なぜ英語を勉強しなければならないのか。日本人に英語を勉強する動機をもってもらうため」です。これは米国留学した自分が後に続く他の日本人のために書かなければいけないと思ったから現在猛烈な勢いで記事を書いています。それぞれについて関心のある方は下記Link先を確認ください。

私はたぶん自分の子供には日本語ではなく英語で教育を受けさせます。そうすればシンガポール人のKennyと同じように世界中の大学から魅力的な大学を選ぶことが出来るし、世界中で働くことが出来るからです。考えてみれば、日本人が大好きな坂本龍馬と同世代の草莽の志士達もオランダ語や英語を学びました。外国語を必死で学ぶことで海外の列強諸国と対抗しました。英語を勉強するというのはつまりそういうことだと思います。

以下、この記事についてTwitter上でもらったReplyをいくつか紹介します。

  • スペックの低い日本の従業員、学生に合わせていたら、競争には負けるわな。学力の低い生徒に合わせる日本の学校と同じ。海外と取引ある大手企業は、英語が公用語ぐらいでないと
  • 日本は鎖国もいいとこです。。。外資で働いててもそう思います。オープンじゃない、英語ができない、大陸が繋がってないとなると、ほんとに大丈夫か?とおもいますよ
  • 今の会社(外資系の会社)に入る時に面接で聞かれた質問「一人でアメリカ行ってレンタカーでホテルに行き一人で仕事して全部一人で帰ってこれる?」でした。で、実際入社すぐに何度もそういうことに。なので「私英語ダメです」という人が入ってきた時は、どうやって仕事するの?と思いました。
  • 大学の講義ではごくごく少数ですが、英語だけで行われるものもあります。僕も英語だけで行われる講義を受けたことがあります。ただ必修ではなく選択ということと、学生からみればやっかいな講義にしか見えないという点で評判が悪いですね。それ(英語で学ぶ事の重要さ)は学生の立場である僕でもわかるんですよ。危機感を持っている教授も沢山いますけどあまりにもハードルが高いと皆なげいてました。僕もそうです。留学生はたくさんいましたけど、言葉の問題からみれば何のメリットがあって日本にくるのかよくわかりません。
  • 同感。ITに関わるものなら英語が読めないとそれだけで情報弱者になってしまっている。
  • (ITに関連する技術書は)日本語になるのを待っていたら遅すぎるし、翻訳が間違っていることもよくあるのでオリジナルが一番です。

Kennyが日本の大学ではなく、米国の大学を選んだ理由」への7件のフィードバック

  1. ピンバック: 私が英語学習を通じて学んだ論理的な文章の書き方 « The Wisdom of Crowds – JP

  2. ピンバック: 日本とは比較にならないくらいに恵まれた米国の理工系大学事情 « The Wisdom of Crowds – JP

  3. ピンバック: 日系カナダ人のKay。カナダと日本、二つの国の間で生きる女性。 « The Wisdom of Crowds – JP

  4. ピンバック: 世界的な人材獲得競争 « The Wisdom of Crowds – JP

  5. ピンバック: 私が英語を勉強している理由 (1)日本語圏とは比較にならないくらいに圧倒的な英語圏の知の世界を知った « The Wisdom of Crowds – JP

  6. ピンバック: 留学時には日本語を全く使わない方が良い?日本語使用の是非について。 « The Wisdom of Crowds – JP

  7. ピンバック: 【LE】男女別、Language ExchangeのPartner探しの心得 « The Wisdom of Crowds – JP

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中