日別アーカイブ: 2010年4月27日

BlackBerry狂騒曲。米国で大人気のSmart Phone。

New Yorkで驚いたことの一つが本当にたくさんの人達がBlackBerryを使っていること。そして人々はBlackBerryでいつもMailを打ち続けていました。日本の携帯電話とBlackBerryは見た目が違うのですぐに分かります。オバマ大統領も非常に熱心にBlackBerryを使っていますね。

Host Family宅では、お父さんのMichaelと3姉妹の内の2人が常にBlackBerryを使っていました。特に末娘のAngelaはいつもずーっとBlackBerryを触っていました。一日Mailを何通書いているのだろうかといつも不思議でした。あと、彼女はFacebookの更新頻度がとても多いです。これもBlackBerryで更新していたようです。ここで話題に関連したNewsを2件紹介します。

そんな光景を長い間見続けたので、私もBlackBerryがほしくなってきました。そして「BlackBerryがほしい、BlackBerryがほしい」と考えている時に、友人のHenryから「BlackBerryなんて大嫌い」だという話しを聞きました。「会社からBlackBerryを渡されたら悪夢以外の何者でもない、常にMailが飛んできて私生活を侵害される。だからBlackBerryなんて大嫌いだ」とHenryは言っていました。楽しい最先端のGadgetもこんな風に持つのが苦痛になったら台無しだなと思いました。ちなみにHenryはiPhoneを自分用、BlackBerryを会社用にと二刀流で使っていました。こういう二刀流の使い方をしている人はNew Yorkではけっこう多かったです。

よく考えたら私自身も携帯電話のMailは決まった時間にしか確認しません。PCのMailerも自動受信は止めて「自分が返信出来る時しか開かない」ということをしている人間です。だからHarryが言ったように、すぐに対応することを期待されてBlackBerryを渡されたら苦痛になること間違いなしです。あと、これまでにすぐにその場で長文の文章を書かないといけない、1時間・2時間を争う緊急の要件になんて遭遇したことありません。少なくとも自分のLaptopの前に移動する時間くらいは確保出来るはずです。そう思ったら私にはBlackBerryは要らないかなと思うようになりました。

また、私はかなりTwitterを使い込んでいます。でも、打鍵しにくい携帯電話でTwitterを使いたいとは思っていません。だから全て自分のLaptopで文章を作成して投稿しています。あと、1日数十通もMailをやり取りするくらいなら時間を確保してSkypeで話した方が良いと思っています。

こんなことを書いていますが、もしdocomoが現在提供しているBlackBerryがSoftBankのiPhone並の月額利用料で使えるのならあっさり主張を翻して買ってしまうかもしれません。現在のdocomoの料金は高すぎるので本当になんとかしてほしいなと思います。会社から支給されている人しか使っていないのではないかと思えるような高額の月額利用料です。

そして最後に、「日本の携帯電話は米国ではどうなの?」というと全く見かけませんでした。惨敗です。韓国のSamsungやLGはあったのに。ガラパゴス携帯と言われる理由がよく分かりました。