米国で大人気の日本文化、そして広がる海賊版。

この記事では「米国で大人気の日本文化とそして広がる海賊版」について紹介します。

New York Cityを訪問して感じたのは日本の文化が大人気だということです。その人気は私が当初想像していた以上のものでした。例えば、BordersやBarnes&Nobleといった米国の大型書店にも漫画専用の大きな棚が設置されていて、多くの人達が立ち読み&座り読みしていました。「米国の書店に日本の漫画専用の棚が設置されている」、これは日本にいると当たり前すぎて何も感じないかもしれない。でも、実はかなりすごいことです。極東の島国の文化が米国の書店の一角を占有しているのですから。他の国の文化で日本のマンガに相当する人気があるものを私は知りません。

マンガ以外でも、アニメやゲーム、日本の若者文化、そして時には日本のドラマも人気があります。そしてまた、これらの日本文化が好きな米国人はきわめて親日的です。私が仲良くなった米国人達も多くが日本の文化が大好きで親日的になった人達です。そしてそんな日本文化が好きで好きで仕方がない人達の中には、日本語を学び始める人達も出てきます。彼らが日本語を学ぶ動機は「日本の作品をもっと理解したい、そしで出来れば日本語のままで理解したい」というものです。一方、私が英語を学んでいる理由は突き詰めると「お金になるから」という極めて実用的な目的です。だから私は米国映画や小説、TV番組にほとんど興味がないです。彼らが日本語を学ぶ動機とは全く対照的だなと思いました。ここでいかに日本文化がNYCで人気があるかを紹介しているblog記事を紹介します。コスプレしている米国人の写真がたくさん掲載されています。

このように大人気の日本文化ですが、米国を含めた国外では日本同様に楽しめないという問題があります。ここではコミックを例にあげてこの問題について紹介します。日本と同様にコミックを楽しめないのは「入手が困難」「高価」という理由です。特に「出回る数量が少ない」「なかなか翻訳されない」という要因が「入手が困難」という問題に繋がっています。一例として、私は米国書店のBordersで「時をかける少女」の英語版コミック、Girl Who Leapt Through Timeを購入しました。でも、値段は日本で購入するのと比べると2倍近くしました。そして$10近くするコミックは働いていない学生達にはなかなか購入が難しいと思います。以下、Amazon.co.jpでの価格比較を記します。

そして、この「入手が困難」「高価」という要素がNet上海賊版が出回る事を助長しています。これからどのように海賊版が出回っているか紹介します。次のWebsiteでは英語に翻訳された大量のマンガが掲載されています。私ははじめて教えてもらったときは驚愕しました。週刊少年ジャンプの最新号に掲載されている人気マンガでさえも発売後数日で英語に翻訳されてUploadされます。ちなみに、日本から確認されないようにという対策なのか、Top Pageに直接Accessすると”Onemanga is currently down for maintenance.”となってAccess出来ないようになっています。でも、Webに関する知識が少しでもあれば簡単に突破できるくらいの小細工です。

  • 日本のマンガが翻訳されてUploadされている海賊版Website One Manga.com

なぜOne Manga.comのような有名な違法サイトが野放しになっているのかが私には分かりません。日本で同じ事をしたら即座に閉鎖されるくらいに悪質です。もしこのような海賊版が野放しになっている理由が分かる方がいたらblogへのCommentをお願いします。海賊版は良いか悪いか問われたら「悪い」です。でも、このような海賊版マンガが出回る理由も出版社側は一度考えてみては如何でしょうか。ここに現在未開拓の新市場があると思います。

自分の単行本のタイトルでぐぐったらまとめてzipとかrarとかで勝手にあげられてるとかショボンとするよね発売して1ヶ月も経ってないのに…(´・ω・`)働けど働けどエロ漫画家の暮らし楽にならず Twitterへ

いま紹介した漫画家の発言にあるように、海賊版を野放しにしているだけでは、肝心の利益を享受すべきマンガ家達にお金が行き届く事はありません。出版社としては海賊版が出回っている現状を直視するのは不愉快だとは思いますが、目を背けてはいけない問題です。

ただ海賊版の功罪の功の面に向けると、多くの米国人達はこのような海賊版の普及によって日本文化に親しみを持つようになりました。フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略という書籍で紹介されているように、”無料”が米国人の心を捕らえたのです。無料で出回っている海賊版のおかげで日本文化に親しむ人々が米国にはたくさんいます。こういう事実を踏まえた上で、「入手が困難」「高価」という課題を解決すれば、日本国外にも日本の文化を輸出して利益を上げることが出来ると思います。日本文化が好きで日本語を学ぶ人達がいる、そんな人達に海賊版ではなくちゃんとした製品を届ける方法がないのか。米国で海賊版の横行を目の当たりにして、日本文化をどうやって国外に輸出するのかという課題について色々と考えさせられました。

ではここから「では海賊版対策に何をすれば良いのか」と私が色々と考えている事を記します。ここでも引き続きコミックを例として取り上げます。現在すでにNet上で無料で多数の海賊版が出回っています。これに対抗するには「翻訳の質を上げる」「画質の向上」が有効だと思います。特に「翻訳の質」One Manga.comは素人が翻訳しているので、正規の翻訳本に対してイマイチということを何度も聞きました。そしてまた、素人が画像の読取をしているので画質も粗いです。

これらの改善に加えて、価格はNetに出回っている無料の海賊版に対抗するために抜本的に下げる必要があります。この価格を下げるのにはコミックの電子書籍化という考えが役に立ちます。画像と翻訳の質を海賊版よりも良くした上で、例えばiPad上でマンガを読めるようにする。料金は「500円/月」を払えば登録されているマンガが読み放題というニコニコ動画方式。もしくはiTunesのように「コミック1冊 40円」といった風に抜本的に価格を下げれば海賊版に対抗できます。そしてまた、電子書籍化をすれば翻訳を何度も直す事が出来るので、翻訳の質を劇的に向上させることが出来ます。無料の海賊版に対抗するためにはこれくらいに抜本的にやらなければ太刀打ち出来ません。ただ、これをするには出版社の構造自体も大きく変えないといけないでしょう。日本における現在の電子書籍をめぐる攻防を見ていると難しいだろうなとは思います。

ここで問題点を1つ挙げるとiPadは規制が色々と厳しいです。日本のマンガがそのまま配信出来ない恐れがあります。有名なコミックの働きマンが配信拒否された件についての記事を参考にしてください。

でも、iPadが駄目ならAmazon、BordersBarnes&Noble、SONYと電子書籍の端末を扱っている競合に当たれば良いのです。日本のマンガというキラーコンテンツを持てば競合に一気に差を付けることができるので、いずれかの企業からは必ず歓迎されるはずです。ハリウッド映画に並ぶマンガという世界最強のコンテンツを有する日本の出版社が、電子書籍化にもっと積極的かつ戦略的に乗り出せば、現在の電子書籍市場を席巻出来るのになと歯がゆく思っています。

ここではマンガの事例を紹介しましたが、アニメについても同様です。アニメも現状海賊版の横行が酷いです。戦い方としてはマンガと同じように電子端末上での配信・再生を軸とした戦略を取れば戦えるはずです。そしてまたコンテンツ販売以外の利益を挙げる方法を考えると、グッズの販売やNYCのコスプレイベントのような企画です(他にも色々とありそうです)。情報の価格が限りなくゼロに近づく時代、書籍フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略で紹介されているような時代においては、新しいお金儲けの仕組みが必要です。

さらに過激なことを考えると、もういっそのこと無料でコンテンツを配信してしまって、寄付に頼るというのもありかもしれません。素晴らしいコンテンツを無料で楽しむのを申し訳なく思って、お金を寄付したいと思う人はいますから。去年お台場の実物大ガンダムを見るためにわざわざ来日した外国人達、そしてNYCのコスプレ大会ではしゃいでいる米国人達を見て寄付に頼るのも可能かなと思いました。ただ、寄付を推進するためには未成年がお金が払いやすい仕組みが必要です。クレジットカードに変わる新しい決済の方法を構築しないといけません。

私は大金持ちになったらお気に入りの小説「アイの物語」を自分でお金を出してAudiobookにしたいとずっと思っていました。こういう風に文化に投資したいと思う人達はいるので、彼らから寄付を募る仕組みも海賊版対策と並んで有効です。ちなみに「アイの物語」は来年英語版のAudiobookが発売されるので、私はいまとても幸せです。だから先程の文章は過去形で書いたのです。「アイの物語」、特に作中の「詩音が来た日」はここ10年で読んだSF小説の中で最も素晴らしい物語だったので、未読の人は是非とも読んでみて下さい。以下に「アイの物語」日本語版、英語版、Audiobook版の一覧を紹介します。

現状の仕組み/制度を一度全部捨てて考えてみれば、海賊版に対抗する方法は色々とあります。素人の私が考えてもこのように色々と出てきたので、本職の人達には是非海賊版に負けない新しいビジネスモデルを作っていただきたいです。そして、日本文化をより多くの人達、多くの地域に届けてほしいです。この記事最初に書きましたが、日本文化に親しんだ人達は極めて親日的になります。アニメ・コミック・ゲームを普及させることは外交官100人を新規に雇うことより効果的かもしれません。だから海賊版が横行している苦い現実から目を背けること無く、業界関係者には業界の将来のために海賊版と戦ってほしいです。

この記事を書くに当たって参考にした書籍

ちなみにこの英語版書籍のAudiobookはiTunesで無料で公開されています。書籍の名前で検索すればすぐに見つけること出来ます。お勧めです。

米国で大人気の日本文化、そして広がる海賊版。」への7件のフィードバック

  1. 本題とは少しずれるのですが、Mangaって大文字なので慣れるまで読みにくかったです。
    英語圏の人は、その辺は問題ないんでしょうかね。
    フランスの本屋でもマンガコーナーありました。やっぱりそれも大文字…
    慣れてはきたけど、Death Noteみたいに台詞が長いと流石にキビシいです。
    あ、英日バイリンガル版は小文字なので読みやすかったです。高くても自分にとっては価値はあるかも。

    アイの物語、英語版出たんですね。
    読もうと思っていた本なので、合わせて英語版でも読んでみます。
    最近の著作は見てませんでしたが、サイバーナイトの頃(20年前くらい?)からのファンなので。

  2. アメリカ人の彼女も日本の漫画大好きです。
    しかしながらご指摘通り数が少ないため(彼女の言い訳)onemangaやmangafoxなどで読んでいます。

    この違法性の疑問は非常に気になっていましたがいまだ答えが見つかっていません。というよりも、むしろ日本文化を知ってもらうため良い機会ではないかと考えるようになりました。収益ベースからではなく人のためになることから始めれば、自然とお金がついてくるようにならないかなと思ったりしています。本当に好きになれば、無料で読めるのにかかわらずアマゾン辺りで探して買うような人も出てきますから。例として、友人のアメリカ人(社会人)はナルトにはまり、本を買いあさり、日本語版を買うようになり、仕舞には僕が日本に帰国するときナルトの最新映画の日本語版DVDを送ってほしいと頼んできました。ちなみに彼は全く日本語がわかりませんが、少しずつ覚えていると言っていました。こういうことがあると日本文化に誇りさえ感じます。

    日本政府も日本文化を売り出そうと少し動き出しているようなので、少し、ほんの少しだけ期待してみようと思います。仰っているような海賊版をなくす努力などですね。

  3. すいません、tarboさんのコメントみてて思いついたので追加で。

    現状、作者の存在が実感として感じられていないんじゃないでしょうか。
    Mangaっていう出来上がったものしか見えていない。
    落として済ませる人でも、ファンになるうちに、この人にお金を落としたい!となる人は一定以上いるはずですから。
    この漫画が面白い、から、この作者の漫画が面白い、に意識が変わっていけばと思います。

    実際はそういったプロモーションを週刊連載しながら英語で出来る人はそういないでしょうから、出版社に協力してもらって頑張ってもらうしかないですね。
    作者さん自身で出来ると、速度、存在感含めて一番いいんですが。

    ただ、そう思ってもらったときに供給出来る体制がないと、結局違法スキャンに走っちゃうんですよね。。

  4. こんにちは。大変楽しく読ませてもらってます。
     まず、マンガやアニメの、英語字幕を付加して配布する活動、ファンサブfansub事情については、wikipediaを参照されると良いと思います。
     言語の壁を越えてマンガ・アニメが流行するためにfansubが担った役割は大きいといわざるを得ません。一方でDVD等の売り上げの伸び悩みの原因となっているとも言われているようです。
     大きなfansub団体は、著作権者からのリクエストに対して即座に対応することで、一定の黙認を得ようとしています。
     One Manga.comを、ざっと確認しましたが、めでたく英語版が出版された場合は公開を終了しているようですね。

  5. >なぜOne Manga.comのような有名な違法サイトが野放しになっているのかが私には分かりません。日本で同じ事をしたら即座に閉鎖されるくらいに悪質です。もしこのような海賊版が野放しになっている理由が分かる方がいたらblogへのCommentをお願いします。

    答えは簡単です。日本のマンガ・アニメ業界も海外のマンガ・アニメ業界も、海賊版対策につぎ込める資金も人材(人件費)もほとんどないからです。警告文を配信サイトにメールで送るぐらいが精いっぱいで、多額の費用をかけて訴訟を起こすなどとても不可能です。マンガ・アニメの海賊版制作者も利用者もそのことをよく理解しているので、日本国外のネットはマンガ・アニメにとって実質上無法地帯と化しています。海外の大人たちも政府も、この問題を知ってか知らずか完全に放置状態です。

    海賊版がマンガ・アニメの普及に貢献していた時代はとうの昔に過ぎ去っています。マンガ・アニメ業界に貢献したいという気持ちは今の海賊版制作者にも閲覧者にもほとんどなく、あるのは自己満足だけです。アニメ・マンガは無料で日本人と同時に見られるのが当たり前と考えるファン(笑)が今は圧倒的多数を占めています。日本で同時に(字幕つきで)見ることのできる北米のテレビ番組がいくつあるかを考えてみれば、それがどれだけ無茶な要求か理解できるでしょうか。その要求が通りはじめて2年がたとうとしていますが、海外のマンガ・アニメ業界が潤ったという話は聞きません。

    ネット上の悪質な行為を取り締まる動きが起こらない限りは、無力なマンガ・アニメ業界がどれだけ客に媚びようとも、海賊版を利用した「すべてのマンガ・アニメは無料にすべき」という歪んだフリー志向は決して止まらないでしょう。

  6. 過去にこの業界(国外での日本マンガ・アニメ販売交渉及び翻訳業)をやってきた経験からすると、国外での日本のマンガやアニメの海賊版がここまで進展したのにはそれなりの経緯があります。

    まずアニメで言うと、御存知の方は多いと思いますが、日本のアニメはフランス、スペイン、イタリア、ドイツなど多くの国で放送されており、放送次期も日本に近いため、意外と同年齢のヨーロッパの人と人気アニメの話が合うことが多い。

    対するアメリカは、日本のアニメに対する偏見があるためか、放送されるアニメの多くはヨーロッパ経由で来たものが多く、タイトルも内容もアメリカ向けに変えられたものが多い。このため、今でもまじめな顔して「鉄腕アトム」や「マッハ!Go!Go!」などがアメリカ産だと思い込んでいる人が耐えない。

    逆にマンガはどう進出したかというと、フランスなどでは一部の会社(TONCAMやKATSUMI)などが日本の出版社と交渉し、フランス語翻訳のコミックを発売するようになった。ほぼ同時期、米国では集英社・小学館との関係を持つVIZ comicsが同社が権利を持つ一部の日本のマンガの英語版を発行し始めた。

    これらのコミックの共通点は「左開き」つまり日本とは逆に読む形となっており、マンガ家の中ではこの形式での発行をかたくなに拒否する人も少なくなかった。また、初期のこれらのマンガは種類が少なく、主に「コミックストアー」(日本で言えば、アニ○イトのような店)にしか置いておらず、一般読者の目に留まることは少なかった。更に加えると、本記事にも書かれているように、米国ではコミックの規制はかなり厳しく、簡単に「18禁」になるため「エロ本」といったようなレッテルが貼られ、さらに一般の目にともることが少ない(もちろん、多くは暴力シーンで18禁ですが)。

    これに加え、(少なくとも英語版の)翻訳の質がかなり低く、とうてい日本やマンガの文化を知らずに翻訳されたものが多かったため、せっかくキャラクターやストリーに惹かれた人達の多くは幻滅することが多く、結果英語版の売り上げが上がらず、翻訳にかけられる金が減り、クオリティも下がり、ある程度の不のスパイラルに陥ることとなった。

    ’90年代となり、フランスをはじめとするヨーロッパでは空前のセイント聖矢やドラゴン・ボールブーム。しかし、老舗マンガ出版会社は「質を保つため」を名目に、他の出版会社のフランス語翻訳マンガの進出を阻むため、さまざまな妨害活動を行ったため、新しい作品の翻訳化が大幅に遅れた。そこで、どうしても作品の先が知りたい、同じマンガ家のほかの作品を知りたい、といった欲望が元となり、輸入版のマンガに人気が集中することになった(実際個人の経験としてドラゴン・ボールの最後の2巻を計5万冊フランスに輸入したところ、三日で完売した)。

    対するアメリカは膨大な土地柄もあってか、なかなかマンガが手に入らないこともあり、大学などではサークルなどで日本語版のコミックを辞書片手に翻訳したり、日本人留学生と仲良くなって翻訳してもらったりしたものをまわし読みする傾向が出るようになり、それらの翻訳文(テキスト原稿)がネット(当時はCompuserveなどのBBS)を中心に広がるようになったーこれが後のFansubの下になったといわれている。

    その後、アメリカでは少しずつ日本のマンガやアニメが市民権を得られるようになり、’90年代初頭に英語版マンガが数十冊しかなかった本屋も今ではMANGAやJAPANIMATIONなどの専用セクションができるようになった。

    しかし、米国のアニメ・マンガ業界は深刻な問題を抱えていた。それは、下手な翻訳や合わないVA(Voice Actor=声優)の存在だ。この問題の発端には二つの原因があった。

    一つは資金的な問題。採算が取れるかどうか分からないものに対して翻訳やVAにお金をかけたくない。また海外で販売するのに当たり、著作権や偏見関連でかかる費用が多い(原作者、出版社、広告代理店、米国の出版社及び広告代理店など)、実際フランスなどで日本のマンガを売るに当たり、出版社は定価の20%、筆者には10%支払わなければならなかった。このため、余分な作業(翻訳や英語版のVA)に残る金が少ない。

    二つ目には、日本のアニメ・マンガを知らない米国サイドの誤った戦略。アメリカではどうしてもアニメやマンガを自分たちの「偏見」で見る人が多く、平気に自分の考えに変えようとする傾向があった。有名な話では、ジブリが「もののけ姫」をアメリカで放映する彩、担当していた会社が勝手に映画を90分に縮小し、声優に有名人を採用することで、内容ではなく話題性で売ろうとし、大コケした。このため、ジブリは一時期アメリカでは絶対ジブリ作品を放映させないとまで宣言したといわれる(その後、内容を変更せず、声優なども元の作品を意識した人にすることに同意したディスニーと契約し再度アメリカに進出した)。

    このような問題が続く中、アメリカのアニメやマンガヲタクはインターネットで日本のアニメやマンガの情報が入るようになり、実は国内で売られているもの意外にも良い作品があることに目覚めただけでなく、今までつまらなかった話も実は翻訳が原因だと言うことも分かるようになった。

    自分たちのほしいものがあるのに、手に入らない。手に入るものでもデジタルなこの御時勢なのに、時間がかかる。その上、ようやく手に入るものでも法外な値段で売られている。

    このような状況で「海賊版」が横行することになった。

    これらの行為をどうこう言うことはあえて控えるとして、ここではあえて「海賊版」が新たな新天地を広げていると思う。

    実際良い方向に動いている例をあけると、ガイナックスや角川だ。これらの企業は宣伝費をかけずに見事海外進出に成功している。これは、さまざまなところでじずん情報がすでにアメリカ内で広がっていたからだ。

    海賊版が出回らなくなったら、もっとアニメやマンガ業界が潤うといえば、そうでもありません。そうなると、単純に作品への興味が減ることにつながるだけです(読者が持っているお金は有限である。金がなければ新たに買うことはない)。

    アニメはCartoon Networkなどのチャンネルに任せるとして、マンガなどは解説などを含め、より品質の高い翻訳をすることにより、Fansubで読むのが馬鹿らしくなるようなものにすることで、今まで以上に読者の支持を得られるのではないでしょうか?

  7. 僕はブラックホールダイバーが一番好きですねー。どことなく冒険心・開拓心が感じられるところが特に。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中