運命の女神の前髪をつかむアラブ人指導者、Hakim

この記事では私が出会った中で最も魅力的なボランティア指導者の1人、アラブ人のHakimについて紹介します。Hakimは30代後半、米国の滞在歴は10年を越えて、いまでは仕事でもそれなりの成功を収めていました。Hakimについては以前も一度記事を書いたことがあるので、参考にして下さい。

HakimはNative English Speakerではありません。私達と同じように英語を外国語として学びましたが、その英語力は素晴らしいです。また、英語の他にも他にも数カ国語を話せます。そして、米国の貧しい移民では一代で成し遂げることが難しい、貧困層から中間層へ駆け上がることに成功した数少ない人です。私は彼の生き様には私は終始圧倒され続けました。

ここからHakimがはじめて事務所に来たときの話をします。ある時、Hakimは警察官の嫌がらせを受けているからなんとしたいと法律相談のために事務所を訪れました。そして、その時に事務所でHakimは警察官が現在Hakimにしている行為はなんら法的な根拠がないこと知り、法律を使えば警察官にだって対抗出来ることを知り感激していました。私がまず圧倒されたのはHakimの飲み込みの良さです。法律が意味するところを彼はすぐに把握し、自分の持つ知識と組み合わせてました。そして、自分が何をすべきか、理解した内容を非常に教養ある英語で私達に話しました。公民権について滔々と話せる移民なんてそれまで私達は接したことがなかったので驚愕でした。

そして翌日からしばらくの間、事務所で学んだ通りに警察官に抗議して、警察官をやり込めていました。これで無事に警察官の嫌がらせがなくなれば良かったのですが、ある朝事件が起きました。私がいつものように朝に出勤して、留守番電話に残された伝言を確認していると、Hakimの奥さんから「夫が逮捕されて、拘置所にいます」という伝言が残っていました。Hakimは警察官の嫌がらせに対して一歩も引くことなく抗議していたので、警察官に拘束されてしまったのです。ただ警察に拘束されたと言っても、Hakimが違法行為を行った訳ではありません。拘束される一部始終をすべて手持ちのiPhoneで録画していたため、Hakimが無実であることはすぐに立証されました。だからHakimは一夜にして拘置所から開放されました。

警察官の行為があまりにひどく、またHakimへの警察官の嫌がらせ行為がまだ続いていたため、iPhoneで録画した動画をYoutubeに掲載して、マスコミ各社に一部始終を知らせることしました。また、マスコミに知らせると共に事務所としてデモ行進をする事が決まりました。デモ行進の当日は事務所のメンバーやボランティアが多数集まり、TV局の取材も来ました。

デモ行進当日にも、現場の警察官がいつものように違法性がないにも関わらず違反切符を切っていました。その日は関連の法律に詳しい弁護士が現場にいたので、この違反切符は全く無効であると取材に来ていたマスコミに説明しました。そして、警察官がどれだけ恣意的に権限を使っているかと抗議しました。デモ行進に備えて待機していた警察の偉い人がその光景を見ていました。彼は現場の警察官を叱責して、すぐに違反切符を撤回させました。違反切符の撤回なんて場面はそれまでみな見たことがなかったので、みんなで大笑いでした。

Youtubeに動画を投稿するといったInternetの力、そして法律とマスコミの力を使えば、警察の違法行為をも撤回させることが出来るという実例を私はHakimと共に学ぶことが出来ました。分かっていてもこの事を実行できる人は少ないです。なぜなら警察官に抗議をするのはとても怖いことですから。しかし、それを実際に実行したHakimは勇敢です。

この事件の後にHakimはボランティアとして事務所の活動に参加することになりました。ここから羽生善治名人の言葉と共にHakimの生き方を説明します。

羽生善治名人の言葉

三流の人は、人の話を聞かない。

二流の人は、人の話を聞く。

一流の人は、人の話を聞いて実行する。

超一流の人は、人の話を聞いて工夫する。

Hakimはこの基準で言うと、「一流の人は、人の話を聞いて実行する。」か「超一流の人は、人の話を聞いて工夫する。」のどちらかに属します。私はHakimは後者の超一流の人だと思っています。Hakimの生き方をみていると「チャンスの女神は前髪しかない」という格言をいつも思い出します。Hakimは学ぶ機会を絶対に逃しません。学ぶことが人生を変える事を知っています。私は彼が素晴らしい教養や語学力を身につけ、仕事で成功出来た理由をすぐに理解できました。

例えば、私のIntern先の事務所のボランティアを一年間もすれば、業務に関連した法律について精通できます。また、法曹関係者や仕事仲間の人脈も出来ます。この1年間のボランティアがその後の数年間、10年以上仕事で活かすことが出来るのです。たとえボランティアをしている1年間が大変でも、それ以上の見返りがあります。でも、多くの人々は「今は忙しくて出来ない」「英語が出来ないから」と言い訳をして、このボランティアになることを嫌がります。

たとえHakimのように英語が出来なくても、ボランティア活動に参加すれば「英語を学ぶ機会」を得ることが出来ます。最初の数カ月は辛いかも知れませんが、せっかくの学ぶ機会を放棄するのは勿体無いです。ましてやこの場合については、貧困層や移民達が事務所のボランティアをすれば給料($100/1日)も貰えます。貧しい移民達にとっては給料ももらえて、かつ学ぶことが出来るとても良い機会なのに…。でも、多くの人々は「大変そうだから」という理由でボランティアになることを拒否します。

Hakimは「大変そうだから」なんて思わずに、すぐに苦労を伴なうボランティアを引き受けました。この自分に言い訳することなく、すぐに行動する力が彼を貧困層から中流階層へと引き上げたのです。言い訳ばかりしている人、自分が知らない新しい分野を学ばない人は、現状維持か落ちていくだけです。私は多くの貧困層や移民と接していて、残念ながら多くの人々は彼ら自身の世代では決して豊かになれないなと思いました。彼らが貧困から抜け出すためには、彼らの子供や孫の代を待たなくてはいけない事でしょう。ここで補足すると、米国の貧困層の悲惨さは日本人が想像する以上のものです。何かあればすぐに死に直結することもあります。だからこそ、私は貧困から抜け出す機会の一つになりうるボランティアを拒絶するのは「とてももったいないこと」だといつも思っていました。「難しそうだから」「面倒だから」といってボランティア活動を拒絶する彼ら、多くの貧困層や移民達の将来を考えると私はいつも暗い気持ちになっていました。

最近は英語学習でも同じことを感じています。私が公開している英語学習法「実用的な英語を習得する方法」はすでに数十万回も読まれていますが、実際に行動に移す人はとても少ないです。残念ながら、おそらく多くの人は「二流の人は、人の話を聞く。」で終わってしまう事でしょう。

「二流の人」は少なくとも「人の話を聞く」のでまだましです。時間が経てばもしかしたら彼らの中の誰かが実際に行動に移して「一流の人 人の話を聞いて実行する」になるかもしれませんから。一方、世の中には「三流の人は、人の話を聞かない。」の人もいます。素晴らしい人の話や成功例なども素直に聞けない、そんな人がかなりの人数いるのです。自分とは考え方が違うから、自分が理解できないから、自分が知らないから拒絶する。だから聞く耳を持たない。そういう「三流の人」はあなたが想像している以上に世の中には多くいるのです。

逆に数は少ないですが、この人達なら必ず何らかの成果を収めるだろうなと思える人たちに時々出会います。彼らはいまの立場がどうであれ、ゆくゆくはきっと世間や周り人から認められるような人になれると思います。私は面と向かって言う事はないですが、言い訳ばかりして行動しない人達は決して何か素晴らしい成果を残すことはないと思っています。私はHakimや他の多くの移民たちと接して、どういう人が成功するのか分かるようになりました。

私はHakimの学ぶ機会を絶対に逃さない生き様、そして自分の事だけを考えずに周囲の人も思いやる優しさに惚れ込みました。本当はHalではなくHakimというMiddle Nameを名乗りたいと思っていたくらいに彼には惚れ込みました。Hakimというのはいかにもアラブ人の名前だから残念ながら止めましたが。

Hakimならきっと彼の子供たちや、雇用している同胞のアラブ人達をNew Yorkでも立派に養っていくでしょう。10年後くらいにまた彼に会いたいです。その頃にはきっと今よりもずっと豊かな生活を送っていることでしょう。以上でアラブ人指導者の一人Hakimの紹介を終ります。

運命の女神の前髪をつかむアラブ人指導者、Hakim」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 【発音】【補足】発音が完璧でないにも関わらず尊敬される英語 « The Wisdom of Crowds – JP

  2. ピンバック: 多様な個性を持つボランティアの指導者たち。 « The Wisdom of Crowds – JP

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中