日別アーカイブ: 2010年5月26日

MoMA、ニューヨーク近代美術館~あなたの知っている有名作品が目の前に~

MoMA、ニューヨーク近代美術館に行った際の記録です。MoMAには日系カナダ人のKayと訪問しました。彼女がMoMAの年会員であったため、私は格安の料金でMoMAに入場することが出来ました。

The MET、メトロポリタン美術館を訪れた際にも感じたことですが、美術の教科書に掲載されていた超有名作品の実物がすぐそこにあるというのには圧倒されました。そして、それら作品をとても近くから鑑賞することが出来ます。New Yorkの文化は本当に凄いとここでも圧倒されました。Kayとは「この絵を傷つけたら人生を何回使っても、それだけの金額を払い切る事ができないよね」などと話しました。

またMoMAにはこれはいったい何が芸術なのだろうかという作品も多数展示されていました。「芸術の定義は私達が理解出来ないことを表現していること」、なんて二人で冗談を言いながら鑑賞しました。以下、当日撮影した写真です。

Fifth AvenueのApple Storeでお買い物。

New Yorkで高級店が立ち並ぶ五番街Fifth AvenueにあるApple StoreでiPod touchを購入した際の事を記します。New YorkのFifth AvenueにあるApple Storeは最近NHKでiPadと関連してよく登場しています。私はそれを見る度に懐かしく思っています。

Fifth AvenueにあるApple Storeは24時間開いています。Central ParkやTimes Squareが近いという好立地であるため、観光客も含めて本当にたくさんのお客さんでいつも溢れかえっています。ちなみにこのApple Storeではトイレが解放されているので、私はトイレで困ったことがあった時はときどき訪問していました。ここもNew Yorkの緊急トイレ避難マップに加えると良いと思います。

私がiPod Touchを購入する際にはStaffに一時間使い方を教えてもらえるというサービスを受けました。これは事前にWebで予約していると出来るServiceです。私を応対してくれたStaffはとても丁寧に教えてくれました。New Yorkなので当然ながらこのServiceは全部英語です。でもちょっと考えると、日本で同じことを英会話学校でしたら1万円近く取られます。それを現地でやれば1時間無料で英語を使う時間を確保できるのです。このApple Storeでの体験のように、留学している人は英語を使う機会は探せば日常どこにでもあるので、積極的に活用するべしです。英語をいくらでも使う機会があるというのが、留学の大きな利点の1つです。