米国体験記あとがき 私に足りなかったのは「英語力」と「動機」

この記事は「米国体験記」のあとがきです。なぜ私が一連の記事を書き続けたのかという背景を紹介します。

最初に一つ昔話をします。私は学部から英語で教育が受けられる、留学生が学生の半分を占めるという先進的な大学に通っていました。マスコミにはいつもとても好意的に取り上げられる大学です。しかし、その大学を卒業した時点での私の英語力はたいしたことがなく、卒業後初めて受験したTOEICは「わずか630点」でした。TOEIC受験者なら分かると思いますが、この630点ではほとんど満足に英語で意思疎通なんてできません。また在学中に友人となった留学生はほとんど全員が日本語が流暢な留学生達ばかりでした。つまり私はせっかくの環境、英語で教育が受けられるという環境をほとんど活かせなかったのです。当時の私には「英語力」「動機」という2つのものが欠けていました。だから英語で教育が受けられる環境を活かすことが出来なかったと今なら分かります。この「英語力」「動機」について順番に説明していきます。

まず「英語力」について。その大学は英語で講義が受けられると言っても、問題が一つありました。抜け道として「日本語」でも講義が受けられるのです。つまり2つの言語が同時に併存していたのです。このように2つの言語で講義が存在する状況においては、受験英語の勉強しかしていない日本人学生は日本語で行われる講義を受講します。「英語で講義を受けられるよ、さあどうぞ」というだけでは大多数の日本人学生は、英語講義ではなく日本語講義を取ります。日本語と英語の二ヶ国語教育を掲げるその大学に通う日本人学生達ですらそうでした。日本人学生たちが英語で行われる講義を受講出来るようにするためには、従来の学校英語教育が教えている「読む」だけでは全く不十分です。学生たちが英語で講義を受講するためには「聞く」「話す」「書く」といった従来の学校教育で学べない英語力を身につけさせる必要があります。だから、「聞く」「話す」「書く」ための英語力を身につけさせずに日本人学生達を放り出せば、みな英語を避けて日本語講義を受講するのは必然です。実際、帰国子女達や留学経験者、またごく一部のものすごく熱意のある学生しか英語で開催される講義を受講する学生はいませんでした。私自身も自身の専門である英文会計の科目以外は最低限の英語講義しか受講しませんでした。

大学の卒業基準を見ればこの事を裏付ける事実がすぐに分かります。もし本当に英語で教育を受けられることの恩恵を日本人学生達が受けているのなら、卒業基準に「TOEIC 860点以上必須」という英語を十分に使いこなせるという証となる基準を明記しても何もおかしくないです。しかし、私が通った大学をはじめほとんど全ての「国際~学部」ではこの基準を明確にしていません。秋田県にある国際教養大学のように「TOEFL 550点必須」「留学必須」という具体的な基準を掲げている大学以外は、その「国際~」という看板は見掛け倒しである可能性が大いにあります。

上記のような背景があるため、大学キャンパス内では学生は「日本語基準」「英語基準」の学生でそれぞれ別の集団を形成していました。同じ大学にいるにも関わらず、話す言葉が違うためほとんど交流が行われないのです。私たちはよくお互いの事を”Hello, Hi Friends”、つまりお互い挨拶だけの関係と言っていました。大学キャンパス内では一見すると、多様な人々が交流しているように見えます。でも、実際は「日本語基準」「英語基準」の学生達が一部を除いてほとんど交流がないことは分かる人にはすぐに分かります。日本語と英語という話す言葉の違いによって学生達は2つの集団に別れてしまったのです。これはなんとも悲しい光景です。いま思い出しても悲しくなります。そしてまた、今もその大学の卒業基準は変わっていないからおそらく状況は私がいた頃と変わっていないでしょう。こういう状況では留学生達が果たして日本人学生たちの事を好きになる、尊敬するということはありえるのでしょうか。英語基準の大多数の留学生達は、英語が話せず身内同士でしか交流しない日本人学生達に良い印象を持たずに大学を卒業していったと私は思っています。

この大学時代の苦い過去が「実用的な英語を習得する方法」を書く執筆動機の1つとなりました。受験英語しか知らない日本人を英語環境に放り出しても、すぐに適応できる人間はほとんどいないことを私は自身の経験から知っています。だから「聞く」「話す」「書く」を身につける事が出来る英語学習法を書かなければいけないと痛切に思っていました。

もう一つ当時の私に欠けていたのは「英語学ぶ動機」です。私は大学在学中はあえて英語で講義を受けることの利点を把握していませんでした。日本語で学べるのだから、別に苦労して英語で学ぶ必要はないだろうと思っていました。しかし、私はこの時点では次の2点の利点を見逃していました。

英語で蓄積されている知識の量は日本語と比較して圧倒的です。インターネットの世界を見てもそれは明らかです。また、英語を使えば日本人以外の14億人、英語を公用語としている約80カ国と交流することができます。この事の重要性を当時の自分はちゃんと理解していませんでした。私はNew Yorkで過ごした7ヶ月間で、日本人以外の人達と交流して人生観が変わるくらいの体験を何度もしました。もし大学時代に英語を十分に使いこなせれば、このNew Yorkの7ヶ月と同様かそれ以上の驚きの経験を数多くすることが出来たと思います。日本人以外の人達と接すれば、本当に多くの発見があります。ただ、大学時代の私は「英語力」と彼らと接したいという「動機」がなかったので、こういった機会を見逃していました。英語を使って日本人以外の人達と交流をすれば、本当にたくさんの発見が出来る。それを私は「米国体験記」で紹介したかったのです。そして「米国体験記」を読んだ人が「英語を勉強する動機」を持つ事になることを私は望んでいます。これが「米国体験記」の執筆動機です。

「英語で蓄積されている知識の量は日本語と比較して圧倒的」という事について実例を出して紹介すると、今日もThe World BankのWorld Development indicators、各種統計資料が上手く使いこなせない事にイライラしていました。日本語で探すよりも英語で探した方がこういった統計資料ははるかに見つけやすいのです。英語で政治経済を学んでいればこの統計資料もすぐに使用できたのに…と昔を思い出して歯ぎしりしていました。英語で書かれた資料は日本語よりもはるかに多いです。しかし、私は日本語で学問を学んできたため、これら資料を上手く使いこなせないのです。

ここからまとめです。いま思うのは私が通った大学は日本の将来の一つの姿かもしれないということです。仮に日本に将来他の国の人達が来ても、「語学力」と「動機」がない人達は自分たちと同じ日本人としか交流しないでしょう。同じ場所で暮らすのに交流がない。だからお互いを尊敬することもなく、悪い場合には敵対意識を抱いて、排斥をする恐れもある。もし何も状況が変わらないのであれば、私はたぶんそうなるだろうなと思っています。私はそうなってしまうのが嫌で3ヶ月間を使って、一連の記事を書き上げました。

もし20万円もあれば、私が最近ずっと紹介し続けていたNew Yorkに1週間くらいの旅行はすぐに出来ます。でも、この選択肢を選ぶ人は少ないでしょう。それは「英語力」「動機」がないからです。そういう人達には私のblogを読んで、日本国外に目を向けるきっかけをもってほしいと思っています。また「米国体験記」に書いているように、私はたった7ヶ月のNew York生活でもここまで面白い経験が出来ました。もっと長期間いればさらに面白い体験が出来たと思います。きっと4年間の学部生活、2年間の院生活、駐在員として数年間を海外で働く、またもうすでに日本と関係がない海外企業で働いている人達は私以上にもっともっと面白い体験をしていると思います。そして近い将来、今度は私がそういったみなさんの体験記を読む側になりたいと思っています。以上でこの3ヶ月書き続けた「実用的な英語を習得する方法」と「米国体験記」は今夜でこれで一端終りです。ここまでお付き合いいただいた方、ありがとうございました。

お願い

この記事の内容に共感いただけた方で、はてなユーザーの方は是非はてなブックマークの登録をお願いします(Link先ははてなブックマークに繋がっています)。ブックマークが増えればより多くの人にこの記事は読まれます。よろしくお願いします。

追記

最後にもう一度だけ紹介しておきます。

TOEIC860点を取得、かつ日本の英語教育で欠けている「話す」「書く」ための英語学習方法を紹介しています。私が数百万円の費用と数年の歳月をかけて学んだ学習手法を公開しています。※この勉強法ははてなブックマークを2,190以上獲得した人気記事です。

私が米国での体験で体験した、日本人が知らない「とんでもないこと」を紹介しています。日本人とは全く異なる米国で出会った人々の生き方を知ればきっとあなたも驚くと思います。そしてこれまでになかった視点で物事を考えることが出来るようになると思います。

米国体験記あとがき 私に足りなかったのは「英語力」と「動機」」への5件のフィードバック

  1. グローバルに働きたいという思いから、日本の会社を辞めて、カナダに滞在中の者です。

    TOEICは A Level、読み聞きはできて生活には困らないのですが、伝えたいことがいつも言葉にできず、どうしたものかと悩んでおりました。

    英語学習法の記事がとても役立ちます。やはり瞬間英作文のトレーニングが必要なのですね。今日から少しずつ進めています。

    体験記も楽しく読ませていただきました。文章が読みやすいというか、伝え方がお上手でうらやましいです。

    日々の執筆、お疲れさまでした☆

  2. Blogの執筆お疲れ様でした。

    言われているように動機は大事ですよね。自分の中では、はっきりとした形にはなっていないですが、学習を続けていく中で発見できると別のentryで書かれていたように記憶しています。そう思ってやっていきたいと思います。

    HALさんのこれまでの記事を読んで、lang-8 での英語entryの投稿と Audio book を隙間時間に聴くのを始めました。どちらも面白いですね。瞬間英作文は一度挫折していましたが、再開できました。ありがとうございます。
    他にも勧めてくださった方法を試してみようと思います。

  3. 初めてコメントさせて頂きます。
    というよりも、最近ブログを見つけ、拝見させて頂きました。ですので、HALさんのこれまでの記事をまだ全部読み終えていないのにコメントを残すのは少し順序が違うかと思いましたが、お許しください。

    私は記事中にも登場する、国際教養大学で現在2学年に在籍しています。そしてこの夏には英国に留学が決まっています。
    私は大学入学前に高校留学を経験していたのですが、恩師からはやはり同じように留学の動機を最低20は言えるようにしろ、を耳がタコになるほど言われました。当時はけむたがっていた私ですが、今また交換留学を目前にした今、彼がどうしてあんなにも口うるさく動機の重要性を私たちに説いていたかがわかります。HALさんの記事を読んで、またそれを再確認することができました。ありがとうございました。

    ただ、国際教養大学では、留学が必須となっているぶん、留学の目的が不明確なまま出発し、なんとなく海外を旅行して帰国する学生もいます。必須だからこそ、留学の枠を競争で勝ちとる必要がないからこそ生まれる問題もあるのでは、と私は考えています。恥ずかしながら、私は留学先が決まった今もなお自分自信の納得いく留学の動機・達成したいことを模索している段階です。少し、自分と向き合うことが億劫になっていたので、HALさんの記事を読んで、しっかりしなくちゃ!と考え直すことができました。重ねて、感謝です!

    これからも頑張ってください。
    長文失礼しました。

  4. Yes you are right.
    ( Shikari, Go-mottomo ) Though,
    the matter is OK, Just do it.
    I’m in London past 35 years and
    watching the decaying Japan from outside. —— ?
    Can you change it ?
    The trouble is, its too deep in Japanese unconscious mind.

  5. なんと,かつてコメントを入れていましたか。
    ちなみに僕の英語修業について言うなら,単にー般的な日本での教育のみ。
    英国の語学学校に行った事もなしで全てぶっつけ本番。=伝えねばならぬ
    事があるなら,あらゆる表現でとにかく伝える。両者にコミニュケーションの必要
    があれば,文法や発音が多少いい加減でも伝わる。
    ---なにしろ双方必死だから。
    ちなみに小生,当地で三年半に及ぶ裁判沙汰を,英法を即席で学んで
    独力で闘い,控訴審まで行った。やればできるものです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中