【書評】ちはやふる 1~8巻

ちはやふる 1~8巻を読み終わった後の感想です。ネタバレなしです。

「ちはやふる」、競技かるたを題材にしたマンガです。各所で「このマンガは面白い!」と評判があり、ずっと気になっていました。

競技かるたは私達が想像するかるたという優雅で文化的な活動ではなく、競技かるたはスポーツでした。畳の上の一瞬の激しい攻防、札の配置を意識した頭脳戦は一見の価値有りです。

ヒロインのちはやも熱血でまっすぐでとても魅力的です。他のスポーツマンガの主人公にそのままなれそうなちはやです。

「ちはやふる」は長々と説明するものじゃなくて「面白いからとにかく読んで!」と勧めたくなるマンガです。私は1~8巻まで2日で読んでしまいました。良い漫画です。久しぶりに絶賛したくなるマンガです。お勧め!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中