20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ

20歳を過ぎた日本人(留学経験無し・受験英語/TOEIC英語しか学んだことがない人達)が下記の段階に到達するための英語学習法を公開しています。

このハタチエイゴ学習法が目指す目標

  1. TOEIC試験でA level(860点以上)に到達する。
  2. 「読む」「聞く」という受身な英語だけではなく、自分から英語を発信すること、すなわち「話す」「書く」がちゃんとできるようになる。
  3. 英語を母語とする人たちと英語で意思疎通できるようになる。第2言語としての英語を使いこなせるようになる。
  • 勉強法の問い合わせはTwitterの@HAL_Jまでお願いします。

souspeak300-150この『20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ』の学習法に沿って英語を学べる語学学校、3ヶ月で700時間の学習をしてTOEIC試験の点数を200点上げるサウスピークをフィリピン・セブ島に創りました。

またサウスピーク・フィリピン留学説明会も随時行っています。

0     まえがき

1     はじめに

私が英語を勉強している理由

2     基礎確立編 (TOEIC 600点未満)

3     英語実践編 その1 自習編(TOEIC 600〜860点)

4     英語実践編 その2 対人編(TOEIC 600〜860点)

  • 4-5           【語学留学】【電子書籍版に収録】欧米よりも日本にずっと近いフィリピンで英語を学ぶ

5     結果を出す(TOEIC 860点以上を目指す)

6     日本だけでなく世界を見渡してみる(TOEIC 860点以上)

  • 6-5           【書籍版に収録】日本人が日本語で日本人相手にだけBusinessをしている時代が終わりつつある
  • 6-6           【電子書籍版に収録】英語を公用語化しても日系企業は優秀な他国の人材を雇うことは出来ない。

講演会の原稿「英語が身につく人と身につかない人の違いについて」

7     Language Exchange Partner達を紹介

あとがき

一連の記事で英語学習法を読み終わったら合わせて、私の米国体験記もお楽しみ下さい。

私が米国で体験した、日本人が知らない「とんでもないこと」を紹介しています。日本人とは全く異なる米国で出会った人々の生き方を知ればきっとあなたも驚くと思います。そしてこれまでになかった視点で物事を考えることが出来るようになると思います。この米国体験記を読めば、「英語を勉強したい!」と思えるようになるはずです。