【Audiobook】道は開ける “How to stop worrying and start living”

この記事ではではAudio book、「道は開ける ” How to stop worrying and start living”/著 デール・カーネギーDale  Carnegie」についての紹介をします。

本書は悩みを抱えている人、そしてビジネスでコンサルタントを志望する人に強く強くお勧めします。私の人生を間違えなく変えた一冊です。問題や悩みを抱えている時にどうやってその問題を解決するか、こういった方法をこれまでにどこかで習ったことがある人はいますか。私は「道は開ける」に出会うまでは、誰からも、そしてどの学校でもこういった事は習ったことがありませんでした。学校や企業ではたくさんの知識を学ぶことが出来ましたが、「問題を解決するための手順・手段」を習ったことはありませんでした。知識が豊富にあっても悩みや問題を解決する方法を知らない人は、問題や悩みに直面すると対処方法を知らずに自分を追い詰めて、結局は自滅してしまう事が多いと思います。これは個人だけでなく組織についても同じです。問題に直面した際にその問題を抜本的に解決するための方法を知らない、だから対症療法的に行動して自滅する。そんな企業はたくさんあると思います。ではここで本書で紹介されている問題を解決するための具体的な手順を一つ紹介します。

  1. 問題の事実を把握する。客観的な第三者の視点から、自分たちにとって「良い事実」と「悪い事実」を偏りなく公平に把握する。
  2. 事実に基づいた上で、自分たち何を出来るのか、何をすべきかを判断する。ここで今後の行動を決める
  3. 先程決めた今後取るべき行動にわき目も振らずに全力を注ぐ。とにかく行動する。

なんだ当たり前の事ではないかと思うかもしれません。でも、これをちゃんと出来ている人はどれだけいるでしょうか。特に(1)の「事実を直視する」に関してはほとんどの人が全く出来ていないと思います。

分かりやすい例で、「肥満」という問題を取り上げましょう。毎日体重計に乗って、体重の増減を管理している人は肥満になったりはしません。そういう人はたとえ「ケーキを食べ過ぎた翌日」でも体重計に乗って自分の現状を直視します。私もダイエット経験者なので分かりますが、ダイエットを意識している人は食べ過ぎた翌日に体重計に乗るのは憂鬱に感じると思います。これは「事実を直視する」のがつらいからです。この体重を測るという「事実を直視する」行為なくしては、減量のための対策を取ることは出来ません。特に肥満傾向にある人は自分の平均よりも重い体重を直視するのが辛いと思います。気持ちはよく分かります。これが「事実を把握」するということです。これは簡単ではないと思います。

そして、「仕事の失敗」「金銭の浪費」についても「事実を直視する」という行為は辛いと思います。自分が意図的に無視してきた事実、そんな事実は誰もが必ず持っていると思います。そしてそのような苦い現実(事実)を直視せずに問題を解決しようとすると、たいてい失敗します。問題を解決するためには都合の良い事実だけでなく、「自分が直視したくない事実」をも直視する必要があります。

ここで話しは変わりますが、「空・雨・傘」という考え方は知っているでしょうか。マッキンゼーの人達を含めてコンサルタントの人達がよく使用する概念です。この「空・雨・傘」の概念は実はいま「道は開ける」から抜粋した問題解決手法と全く同じ手法です。

  1. 空を見る(事実を把握する)
  2. 雨が振りそうだなと推測する(事実を元に判断する)
  3. 傘を持っていこう(判断に基づいて行動する)

私ははじめて「空・雨・傘」の概念に出会った時に「道は開ける」で学んだ問題解決手法と全く同じだなと思いました。このように「個人の悩みを解決する方法」は実は企業の問題解決にも適用することが出来ます。コンサルタント志望の方にこそ「道は開ける」をお勧めします。ここでは代表的な問題解決手法を一つだけ紹介しましたが、「道は開ける」には他もたくさんの有益な問題解決手法が紹介されています。

「道は開ける」はもともと1948年に出版されました。そして日本でこれまで200万部以上売れています。時の試練を越えて売れ続けている傑作だけあって、内容もとても素晴らしいです。私もこの本は一生持ち続けると思います。また、これから100年経ってもきっと残っている本だと確信を持って言えます。100年経っても語り継がれる本なんてそうそうありませんよね。

「道は開ける」は月に一度は読み返すことを勧めています。Audiobookはまさに繰り返し学習に最適の学習手法なので、「道は開ける」とAudiobookは極めて相性が良いです。

最後に私が本書の中で最も好きな名言を紹介します。

God grant me the serenity To accept the things I cannot change; The courage to change the things I can; And the wisdom to know the difference.

(訳 :変えられないものを受け入れる心の平安を、変えられることを変える勇気を、そしてこの2つを見分ける知恵を、神よ与えたまえ)

「変えられるものは自分と未来だけ。変えられないものは他人と過去。変えられるものだけを変えていく勇気を持とう!」他にも紹介仕切れないくらいのたくさんの名言があるので、是非「道は開ける」を手にとって見てください。あなたにぴったりの言葉がそこにはきっとあります。

【Audiobook】道は開ける “How to stop worrying and start living”」への15件のフィードバック

  1. 孫太郎(magotaro)

    いつも参考にさせてもらってます。
    「人を動かす」はたまに読み返しますが、「道は開ける」は読んだことがないので読んでみようと思います!そのあとAudioBookにも挑戦してみます。

    • Commentありがとうございます。まずは日本語を読んでから、英語Audiobookに挑戦するのが挫折しにくいのでお勧めです。過去の私もそうしましたし。

  2. ゆーきー( Ukey_ )

    今日twitterで知り、拝見させていただきました。
    とてもおもしろく、「英語のAudioBook聞いてみよう!」と思わせられました。
    今後のtweet楽しみにしています。

    • Commentありがとうございます。是非英語のAudiobookを聞いてみて下さい。そこから様々な発見があると思います。

  3. ピンバック: 【Audiobook】7つの習慣 « The Wisdom of Crowds – JP

  4. ピンバック: 【書評/Review】雇用の常識と合わせて読みたい本。またMECEという考え方。 « The Wisdom of Crowds – JP

  5. ピンバック: 【Audiobook】Audio bookとは何か、Audio bookの3つの利点、そしてお勧めのAudio bookを紹介。 « The Wisdom of Crowds – JP

  6. ピンバック: ドラッカー ネクスト・ソサエティ 第1部 迫り来るネクスト・ソサエティ 勉強記録 « The Wisdom of Crowds – JP

  7. ピンバック: 【学習記録】パラダイス鎖国 忘れられた大国・日本 « The Wisdom of Crowds – JP

  8. ピンバック: 【学習記録】ビジネス・ツイッター 第1部 ツイッターはこうして始まった « The Wisdom of Crowds – JP

  9. ピンバック: 【学習記録】ビジネス・ツイッター 第2部 企業はどのようにしてツイッターの利用に成功したか « The Wisdom of Crowds – JP

  10. ピンバック: 【学習記録】「ツイッター」でビジネスが変わる! Twitter Power 「はじめに」から「第4章 Followerを増やす秘訣」までを « The Wisdom of Crowds – JP

  11. ピンバック: 【学習記録】「ツイッター」でビジネスが変わる! Twitter Power 「はじめに」から「第4章 Followerを増やす秘訣」まで « The Wisdom of Crowds – JP

  12. ピンバック: 【学習記録】「ツイッター」でビジネスが変わる!「第6章 TwitterをBusinessに活用する」「第7章 TwitterでBrandを構築する」 « The Wisdom of Crowds – JP

  13. ピンバック: 【学習記録】「ツイッター」でビジネスが変わる! Twitter Power 第5章 良いつぶやきを書くための基本Rule « The Wisdom of Crowds – JP

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中